• 市進教育グループ
  • 市進学院小学部
  • 市進学院中学部
  • 市進学院高等部
  • 市進予備校
  • 個太郎塾
  • 市進チューターバンク

個太郎塾について

Q.1:2で、十分に指導してもらえますか?

A.大丈夫です。むしろ1:2のほうが良い面も多いのです。1:1ですと、どうしても先生に頼ってしまい自分で考えなくなります。授業では、説明を聞くだけでなく、自分で考え問題を解決していくことが大切です。1:2であれば、問題演習中は自分で考え、問題に取り組むことになりますから、自分で考える時間が適度にとれ、効果が出せるのです。 その上で理解不十分な所は、わかるまで説明していきます。また1:1ですと、ずっと先生に見られていて生徒によっては過度に緊張してしまうこともあります。適度な緊張感のなかで学習するのにも、1:2のほうが生徒にとってもやりやすいようです。 ただ、お子様の状況によっては1:1の授業のほうが効果的な場合もありますのでご相談ください。(1:1授業の場合は別途1:1指導料金がかかります。)

Q.カリキュラムは決まっているのですか?

A.個別指導ですので、一律のカリキュラムはありません。お子さんの状況や、どう学習していきたいかといった要望をお聞きし、その上で指導計画をたてて授業を進めていきます。多くの方は、学校の定期テスト等を目標に、学校の進度にあわせて補習していくことを望まれます。ただし、苦手な教科の場合は前の学年まで戻っての復習も必要となるケ-スが多いものです。 生徒の状況によりできるところは、先に進み、苦手なところは前に戻り指導していきますので特に苦手教科の克服には最適です。また学校の定期テスト前等にはテスト範囲にあわせてテスト対策も行っていきます。さらに、私立一貫校のカリキュラムに対応した授業も可能です。

Q.1回の指導時間の中で、2教科の学習も可能ですか?

A.原則として1回80分の授業では1教科の学習となります。それは学習効果を考えると、80分1教科のほうが良いからです。例えば、40分数学、40分英語とすると1回での指導内容が少なくなりますし、つっこんだ指導がしづらい面もあります。 ただし、小学校低学年の場合は80分1教科だと集中力がもたないこともありますので、80分のうち、50分算数、30分国語といった指導も可能です。特に小6生は英語を組み合わせて受講することをおすすめします。

Q.テスト前などに臨時に授業の回数を増やしたり、他の教科の授業は受けられますか?

A.はい、できます。通常の授業とは別の「追加授業」で受けられます。 学校の定期テストの前などに、授業回数を増やして対策を徹底していくことができます。また、ふだん授業を受講していない教科について、追加授業でテスト対策をするといった利用法も可能です。

ページの先頭へ