入会のお問い合わせ・資料請求 お急ぎの方はこちらから

0120-58-5854

[受付時間]14:00~20:30(月~土)

入会のお問い合わせ・資料請求 お急ぎの方はこちらから

0120-58-5854

[受付時間]14:00~20:30(月~土)


質の高い家庭教師

 家庭教師の採用・登録にあたっては、 筆記試験によって教務力を、面接を通じて指導に対する熱意や考え方を確かめて、基準に達した方のみ家庭教師登録を行っています。
 採用後は発問しながら正解に至るまでの過程や考え方を身につけさせる市進教育グループの授業法研修を実施し、派遣前には授業内容、教材、生徒・保護者様からのご要望への対応などについて本部スタッフとの打ち合わせを実施して、万全の状態で派遣を行っています。指導開始後は、指導状況を本部に報告し、家庭教師と本部スタッフで指導内容の相談を重ね、指導内容、家庭教師の質を上げています。

家庭教師の種類(2017年4月より3つのコースとなります)


様々なご要望にお応えするために3つのコースをご用意しております。

        
コース名  講師  コース内容 
 レギュラーコース 大学生を中心とした
学生家庭教師
※一部、社会人講師も含みます 
小学校・中学校・高校の授業の学習フォローや
弱点強化に最適なコースです。

プロ家庭教師コース  指導実績のある
社会人家庭教師
受験対策や集団塾・個別指導塾と
併用し伸び悩みの改善を図るのに
最適なコースです。

 医学部受験
ハイパーウイングコース
医学部受験指導実績のある
社会人家庭教師

医学部受験対策を目的としたコースです


 

コース選びに悩む場合

お子さまにとってはどちらが最適なのか判断がつかないこともあると思います。
ここでは、プロ家庭教師ウイングの各コースの利用例をご案内します。
 もちろん、お子さまの学年、学習状況などによって適する家庭教師は異なります。
そのような場合は、本部スタッフが相談におこたえします。プロ家庭教師ウイングにお電話いただくか、資料請求フォームにてお問い合わせください。

 

レギュラーコースの講師陣

大学生の家庭教師を中心とした講師が指導にあたります。
(実績をこれから積んでいく社会人の家庭教師も含みます)
レギュラーコースの講師は、全員筆記試験で教務力を、面接で指導への熱意、誠実さ、コミュニケーション力などをチェックし、基準以上の方のみ家庭教師登録を行っています。


こんな方におすすめです。

●学校の定期試験対策フォローをしてほしい!
●学校課題のフォローをしてほしい!
●推薦試験対策として、『英検』『TEAP』などの学習をサポートしてほしい!
●大学生講師に指導してもらいたい!
●学校への通学が難しい状況が続いているので、学習の遅れを少しずつ改善し自信をつけたい!

プロ家庭教師コースの講師陣

プロ家庭教師コースの講師はすべて筆記試験、面接に加え、模擬授業を実施し、指導の方法や授業での対応力をチェックします。それらすべてで基準を満たし、十分な指導経験を持った社会人の家庭教師を「プロ家庭教師コース」として登録しております。
指導経験をもとにした、受験から逆算した学習スケジュールの作成、受験校の問題傾向と生徒個々の特性に合わせた指導、お子さまの性格に合わせた動機づけなどが可能です。





こんな方におすすめです。


●受験対策として進学塾に通っているが、個別の弱点を克服したい!
●小論文や記述解答など、自学などでは解決できない受験校独自の出題対策を重ねたい!
●自分に必要なプランや学びを見つけたい!

医学部受験ハイパーウイングコースの講師陣


医学部受験ハイパーウイングコースの講師は、医学部受験の指導実績がある社会人家庭教師および現役市進予備校講師です。各科目について、専門の科目講師が指導にあたります。
医学部合格には自分の弱点に気づき、それを克服していくことが必要です。
豊富な指導経験と医学部入試に関する知識に裏打ちされた的確な指導でそれぞれの抱える課題をピンポイントで解決します。

本コースは医学部専門コースとなりますので、大学受験の出題範囲である【高校分野】の学習フォローが対象となります。そのため、高校分野の学習を開始している生徒が対象となります。医学部を目指しており、まだ中学分野について学習途中の方は、『プロ家庭教師コース』をおすすめいたします。


こんな方におすすめです。

●すでに医学部対策塾に行っているが、伸び悩んでいる科目を改善したい!
●高倍率の医学部受験。2次を突破するために医系小論文対策で万全を期したい!
●医学部合格に必要なプランと学びを提案してほしい!





トップに戻る

お問い合わせ・ご相談はこちら


TEL:0120-58-5854

ページの先頭へ