市進の個別指導学習塾 個太郎塾
いよいよ4月から中学生!入学すると新入生歓迎イベントや体験入部、4月は生活習慣だけでなく学習習慣も崩れてしまいます。
個太郎塾では新中1生を対象とした『中学進学準備』と題し、2月以降の通常授業を通して中学生に必要な「学習法」と「学習量」を入学前に習慣化させたいと考えております。
本格的な学習がスタートする「英語」、不動の苦手教科「数学」、核となる2教科の1学期内容を中学校で使う教科書で先取り学習!個太郎塾でスタートダッシュを華麗に決めましょう!

個太郎塾では、中学入学までの2ケ月間の指導を通し、以下の3点を指導の方針としています。
  1. 入学後の環境の変化(新たな友達、部活動・委員会、教科担任制)を前に、中学内容の先取りを行います。
  2. 最初の定期テストで高得点を取れるように、しっかり準備を行います。
  3. 入学前に、学習習慣の見直し、定着を行います。

中学生になったら、どうなる!?

≪中学校の主な年間行事≫

二期制 三期制
4月 入学式M 入学式
新入生歓迎会 新入生歓迎会
部活正式入部 部活正式入部
5月 校外学習 校外学習
6月 体育祭  
前期中間テスト 第1回定期テスト
7月 総合体育大会 総合体育大会
8月 夏季休業 夏季休業
9月 前期期末テスト 体育祭
10月 秋季休業 第2回定期テスト
合唱コンクール 合唱コンクール
11月 後期中間テスト 第3回定期テスト
12月・1月 冬季休業 冬季休業
2月 後期期末テスト 第4回定期テスト
3月 修了式 修了式

≪勉強と部活の両立≫

中学生の部活の状況
※市進学院に通う中学生の、およそ95%の生徒が部活動に参加しています。そのうちの7割以上が運動部に所属しています。

あなたは部活が大変だと感じていますか?

  中1生全体 成績順位別
① 非常に大変 7.7% 6.1% 7.5% 9.4%
② 大変 38.1% 36.0% 38.7% 39.7%
③ ふつう 41.7% 43.8% 41.6% 39.8%
④ 楽である 7.5% 8.0% 7.5% 7.0%
⑤ どちらともいえない 5.0% 6.1% 4.8% 4.0%

(学力&意識測定「意識調査」より)

※全国中学生学力&意識測定テストでは、「学力テスト」の結果から、受験生を成績上位から「A(難関レベル)」、「B(応用レベル)」、「C(標準レベル)」と3つのグループに分け、意識調査の結果と学力との関連を調査しました。

新中1生「中間テストまでの学習計画」

●在籍校の授業進度や教科書、二期制・三期制などによって「学習内容」や「学習時期」が前後することがあります。
【英 語】
時期 学習内容 学習のポイント
4月 ○アルファベットの読み・書き
○単語の書き方
★ローマ字の「読み・書き」をマスター。
★カタカナ読みで英単語の発音を覚える。

★英文を見たら「名詞を○」「動詞を□」で囲む習慣をつけよう。
  ・動詞の前後が「=」はbe動詞
  ・動詞の前後が「≠」は一般動詞
★文の書きかえ(肯定・疑問・否定)を練習しよう。


be動詞と一般動詞が出そろったこの時期が要注意

★動詞の使い分けをマスターしよう。
5月 ○be動詞の文(肯定・疑問・否定)
  ・I am ....
  ・You are ....
  ・This (That) is ....
6月 ○一般動詞の文(肯定・疑問・否定)
  ・I like (play) ....
  ・Do you play ...?
  ・I do not Play ....
○be動詞と一般動詞
7月 ○名詞の複数形
○How many ...?
○命令文,Let’s....

【数 学】
時期 学習内容 学習のポイント
4月 ○正負の数
  ・正負の数(負の世界)
  ・加法と減法(前半)
間違いやすいのは「負の数」が入った計算。
★数直線で「負の数」「数の大小」を理解
★要注意の計算
【加減法】負+負,正+負,(正・負)-負
【乗除法】負×負,累乗,負÷負の符号変化
5月 ○正負の数
  ・加法と減法(後半)
  ・乗法と除法
  ・正負の数の利用
6月 ○文字と式
  ・文字を使った式
  ・文字式の計算   ・文字式の利用(前半)
★積や商の表し方
★文字式の計算ルールを定着させよう。
  ・加法と減法
  ・乗法と除法


文字式の利用は方程式文章題に直結する超難所
・数量 ・割合 ・速さ ・円 ・文字式の表す数量 ・整数 ・関係の表し方 ・規則性 ・等式や不等式が表す関係
7月 ○文字と式
  ・文字式の利用(後半)
○一次方程式
  ・方程式とその解き方(前半)

-ページトップに戻る-


中学進学準備講座「受講料」 【1対2密着型個別指導】

☆おすすめプラン☆ 授業内容例

英語 受講例① アルファベットをマスターしよう! 名前を覚えよう(身のまわりの単語) 自己紹介しよう
受講例② be動詞の文 一般動詞の文 文の書きかえ(肯定・否定・疑問)
数学 受講例③ 割合 速さ
受講例④ 正負の数とその計算 正負の利用 文字を使った式
●英数の2教科受講は、1コース(80分×3コマ)に無料体験(80分×3コマ)を合わせて受講できます。
1教科1コース(1回80分×3コマ)からお申し込みいただけます。受講料以外に別途費用は必要ありません。
●1対2密着型個別指導
個別 コース数 1 2 3
中1 税抜 ¥10,200 ¥20,400 ¥30,600
税込 ¥11,016 ¥22,032 ¥33,048
≪さらに先取りご希望の方≫
各教科1コース(80分×3コマ)単位で、日程に合わせて追加受講が可能です。ご活用ください。


小学生から始める 個太郎塾の英語学習

  • 英語教育が重要視されていくと同時に、英語の中でもコミュニケーションスキル、そして4技能(読む・書く・聞く・話す)全てが重要視されることになる。
  • コミュニケーションが重視されるからといって、従来の単語の暗記が軽減されるわけではない。むしろ単語数は増加。(中学3年間で1200語、中1(500語)、中2(400語)、中3(300語)、英検3級合格レベルで2100語とも言われている。)
  • 英検5級対策にもなる。 →108選の中の人称代名詞、国名(固有名詞)を除いたほぼすべての語が英検5級重要単語に含まれている
  • 個太郎塾では学校授業対策はもちろん、映像授業での英検対策も可能。英検を前倒しで合格していき、高校2年生のうちの2級合格を目指す。それが直接大学入試に繋がる。
…頑張って習得したら「修了書」をお渡しします

2020年に向けて!「英検」準備法

「英語4技能が試される」といっても特殊な準備が必要なわけではありません。1対2個別指導の授業内で扱っている英語教材を活用することで十分に英検対策はできます。
  • ≪ポイント①≫教科書や塾のテキストの英文を「音読する」 ⇒ スピーキング
  • ≪ポイント②≫教科書や塾のテキストの英文を「書く」 ⇒ ライティング
    英検特有の出題形式に慣れておく必要があります。
  • ≪ポイント③≫「英検対策講座」を検定の1~1.5ヶ月前から受講する。
  • ≪ポイント④≫受検級の過去問を解く。
この4点が基本です。学校のテスト対策や入試の準備と無理なく両立させることがコツです。

-ページトップに戻る-

英語検定対策講座

ページの先頭へ

広告チラシ

イメージムービー『市進SONG』

  • 無料体験授業 受付中
  • 小1~小3 ウイングキッズコース