市進の英語4技能対策 4スキルトレーニング

2017年春 千葉県公立高校入試(前期)
「英語リスニング問題」が3分の1を占める配点に

「使える英語」教育への転換に向け、大学入試とともに高校入試にも変化が表れ始めています

千葉県公立高校(前期)英語では「リスニングテスト」の配点が昨年度21点 ⇒ 今年度33点に増え、全体のほぼ3分の1を占めるまでになりました。
他の都道府県でも、「リスニング」「ライティング」の配点を増やすことが検討されるなど、英語教育強化の流れは今後ますます強まるものと考えられます。

「使える英語力」強化に向けた市進学院の新たな英語指導
リスニング対策強化 さらにスピーキング対策を導入

4つの技能をフル活用し、記憶の定着、さらには体得を目指します。

  • 通常授業で新たな単元を学習
  • 授業進度に合わせたオリジナル教材で
    「読む」「書く」トレーニングに留まらず、「聞く」「話す」トレーニングが可能
  • そのため、学んだ内容の定着度もアップ。

【スピーキングトレーニング紹介動画】 実際のトレーニングをご覧ください

上達に向けて、さらにこんな機能も

  • ネイティブの発音と自分の発音を聞き比べられます。
    自分の発音を切り分け、単語レベルでの聞き比べも可能です。
  • 発音に課題がある場合は、より詳しい発音方法、そして口内の動きを動画で確認できます。

指導が難しい、独学では難しいと言われる「スピーキング学習」
スピーキングシステム「MyET」で効果的な学習が可能に

  • ベテラン教師でも難しい会話分析力とフィードバックを実施。
  • 1ターン5分程度 スマートフォンやタブレットでいつでも学習できるので、無理なく練習が可能。
  • 自分の話した英文が瞬時に採点されるので、ゲーム感覚で楽しく学習できる。
  • まずネイティブの発音を聞いてから発音するので、リスニング力向上にも効果を発揮。

ページの先頭へ

広告チラシ

イメージムービー『市進SONG』

  • 無料体験授業 受付中
  • 小1~小3 ウイングキッズコース