Jr.Prep(ジュニアプレップ)コース

コース説明

プレップコース(難関校受験専科)は、最難関中学合格からの逆算をコンセプトに作られた、市進オリジナルのカリキュラムと指導法に基づいて構成された特別な講座です。
難関校合格に豊富な実績のある担当による指導はもちろん、その豊富な経験を活かし勉強のみならず、お子様の精神面までトー タルサポートが出来る体制となっております。

※プレップコース受講には、プレップ受講資格試験の合格もしくは塾内のテストで基準以上の成績が必要です。

ジュニアプレップとは?

ジュニアプレップコースでは、小4以降の“難関中受験を目指す力”をつけるための土台として、低学年のうちから「本質的な学びの力」を育成します。これからの教育で求められる「学力の三要素」のうち、「知識・技能」だけではなく、将来の受験(検)必要となる「思考力」や「主体性」も身につけることを目的としています。

ジュニアプレップはここがすごい!


学習内容は、算数の文章題に対応するための「算数的思考力」、文章を正確に読み解くための「長文読解力」、文章を読んで頭の中に情景が思い浮かぶ「イメージング力」、そして、入試に必出の図形分野に対応するための「空間認識力」を鍛えるカリキュラムになっています。
また、国語の授業では、言葉・漢字・文法などの知識を強化し、読解問題や作文指導を通じて、自分の考えを人文の言葉で伝える表現力も育てます。 

市進のプレップ(難関校受験専科)

プレップ(難関校受験専科)は最難関大学からの逆算をコンセプトに作られた、市進オリジナルのカリキュラムと指導法基づいて構成された特別な講座です。難関校合格に豊富な実績のある担当による指導はもちろん、その豊富な経験を活かし、勉強のみならず、お子様の精神面までトータルサポートが出来る体制となっております。

 

算数の文章題で大事なことは、問題文の意味を正確に理解し、情景を頭名の中でイメージ化できることです。そのためには、「読み解く力」と「イメージする力(イメージング力)」が必要です。これらの力は先天的なものではなく、学習トレーニングによって育てられます。

問題文の意味を読み取り、「何を問われているのかをイメージする」ことの習慣づけが重要です。算数の問題を通して、「映像を見る」「文章を読む」のサイクルで、読解力イメージング力を培います。






見て解く」「聞いて解く」から「読んで解く」へ。
【映像を見る⇔文章を読む】の繰り返しで、長文をスラスラ読める「脳の習慣」が身につく。




図形問題

2の(1)の問題を
解くために公式を使うと
(ふたりの間にある距離)÷(速さの差)になりますので
200(m)÷(100(m)/分-50(m)/分)=4(分)となります。
しかし、この答案に書かれている式の中に4という数字はどこにもでてきていません。
速さの公式を知らないこの子は「大体の見当」をつけながら解きました。


公式を知ってから問題を解くのではなく、先に意味を考えさせるために、
「問題を徹底して考える」→「自ら式や図を書いて試行錯誤する」という
思考型問題の要点を何度も繰り返しながら、思考力を養います。



 

算数の中でも、特に苦手とする生徒が多い「図形分野」ですが、
実は低学年の学習内容のうち、図形に関する単元は多くありません。
しかし学年があがるにつれ、そして受験(検)では必須の図形問題
低学年のうちからのトレーニングで、「立体の成り立ちをイメージする力、頭の中で図形を自在に動かすことができる力」が育ちます。


 

きほんのおはなし

  • 新出単元の導入です。
  • アニメーションを見て考え方を理解したら、テキストで演習して基本を定着させます。

ものがたり算数

  • 【きほんのおはなし】で学習した内容を、文章問題に応用して演習します。
  • アニメーションを見てから、それに対応した文章問題を解き進め、「算数的な考え方」「答えの導き方」「答え方」を学んでいきます。
  • ストーリー中には、よく覚えておかないといけないシーンがあるので、集中して見たり聞いたりする姿勢を育むことができます。

【かたちの形

  • 算数の図形分野を学びます。
  • かたちの違いや概念を学び、映像を通してその具体的なイメージをつかんでいきます。そして、頭の中に図形をイメージする「図形脳」を育てます。

宿題(家庭学習)

  • 授業内容の復習プリントです。
  • 保護者の方へは、「アプローチシート」で学習内容の共有や、ご家庭での学習の取り組み方をアドバイスします。
  • 家庭学習においても、宿題をサポートするシステムとして、映像や音声がご利用いただけます。
  • 宿題サポート機能

    プリントに掲載されている長文のお話を、紙しばい映像とともに朗読してくれます。自宅のタブレットやスマホで視聴できるので、宿題に取り組みやすく楽しく学習できます。


んなアニメーションなの?

プレップコース(難関校受験専科)は、最難関中学合格からの逆算をコンセプトに作られた、市進オリジナルのカリキュラムと指導法に基づいて構成された特別な講座です。
難関校合格に豊富な実績のある担当による指導はもちろん、その豊富な経験を活かし勉強のみならず、お子様の精神面までトー タルサポートが出来る体制となっております。

 

て解く」から「読んで解く」

プレップコース(難関校受験専科)は、最難関中学合格からの逆算をコンセプトに作られた、市進オリジナルのカリキュラムと指導法に基づいて構成された特別な講座です。
難関校合格に豊富な実績のある担当による指導はもちろん、その豊富な経験を活かし勉強のみならず、お子様の精神面までトー タルサポートが出来る体制となっております。








言語力と読解力は「すべての教科に通ずる力」であり、特に「言葉の知識」は、文章を読み解くときには不可欠 です。「豊かな語彙」を育むことで、文章中の言葉の意味を正しくとらえることができ、問題文の情景を 正確にイメージできます。
学習内容

ことばの使い方や漢字の読み書きといった国語力の土台となる学習に加えて、子どもたちが自分の考えや感想を自由に発言し、表現できるように授業を進めます。ことばの表現のしかたは、算数と異なり、一つの答えだけが正解とは限りません。
特に低学年のうちは表現のしかたも十人十色で、大人が驚かされることもしばしば。「こうも考えられる」という複数の考え方を尊重する「オープンエンド」という手法を活用し、子どもたちの個性を伸ばすための授業を行っています。

テキスト

「ウイングキッズ」テキストは、授業でメインに使用する教材 です。「やさしいもんだい」「むずかしいもんだい」「チャレンジ もんだい」など、レベルを細分化し、着実なステップアップを 図ります。基礎の漢字や言葉の知識はもちろん、国語の文章題 (読解問題)にも取り組み、情景や登場人物の心情描写を正確 に読み取る力など、「応用力」を鍛えます。また、「ジュニア トレーニング」は毎日の宿題として、家庭学習で取り組むもの です。基礎の反復だけでなく、漢字の筆順や辞書を使っての 意味調べなどもあり、総体的な国語力の向上を目指すことが でき、家庭学習の習慣づくりにも最適な教材です。



Q&A

アニメーションの効果とは?
低学年の子どもたちには、「具体物を通して物事を理解する」という特性があります。文字情報だけでなく具体的なイメージがあることで、問題文への理解がより一層深まり、子どもたちは自らの頭で考えて解決方法を導くことができるようになるのです。
宿題は一人でできる内容ですか?
毎回の授業の復習ですので、それほど難しいものではありませんが、ものがたりを一緒に楽しむつもりで、初めのうちは保護者の皆様がお手伝いをしてあげてください。
学習内容は教科書に準拠した内容ですか? 小学校の「先取り」学習ですか?
文部科学省の学習指導要領には対応していますが、特定の教科書に準拠した内容にはなっていません。また、カリキュラムは、単なる先取り学習ではなく、単元の意味をしっかり理解することを目的にしているため、独自の構成と内容になっています。そのため、教科書より先に学ぶ単元も多々あり、内容は教科書よりも少し難しくなっています。
難しい内容で、授業についていけますか?
ジュニアプレップの算数では、具体的な映像を見ながら、考え方をしっかりと理解することを重視しています。そのため、難しい内容でも基本を理解し、試行錯誤を繰り返すことで必ずできるようになります。また、「スパイラル方式」のカリキュラムなので、一度ですべてを理解する必要はなく、回を経て何度も同じ単元の学習を繰り返すことで、定着していきます。通い始めは解ききれないこともありますが、回を重ねるうちに解けるようになりますので、あせることはありません。



公式を覚えていなくても、イメージして式が作れるので、算数を苦手と思わなくなった。(小3男子)  ジュニアトレーニングが宿題となっているので、
家庭での学習習慣がついてきた
と実感しています。(小3男子保護者) 
 国語の文章題が少しずつできるようになってきた。(小2男子)  数や時計など、子どもが生活の中で算数をイメージしやすくなったように感じます。(小2女子保護者) 
 本を読むのが好きなので、物語も楽しめる!(小1女子)  算数は市進で習っているから得意!
自信を持って言っています。(小1男子保護者) 


お申込み・お問合せ

講座のお申込みやお問い合わせは市進学院各教室、または市進コールセンターにご連絡ください。

市進コールセンター

0120-80-0877

電話受付時間:10:00 - 20:30(月~土)

ページの先頭へ