学びの楽しさを、次の半世紀へ。

2015年、市進教育グループは創立50周年を迎えました。その記念ページをここに残します。50年間お世話になったすべての方に感謝するとともに、次の半世紀へ、新たな学びの一歩を踏み出しました。
時代は変わっても、根幹にある「めんどうみ合格主義」は一切変わりません。

Since1965

今後も精一杯、お子様の成長をサポートします。ご支援よろしくお願いいたします。



創立50周年記念講演
長尾素子先生講演会
小幡績先生講演会
萩野文子先生講演会柳沢校長講演会教育フォーラム
私と市進

(10代) 匿名希望 様より
私の中3の夏休みは、朝イチで市進へ行って、22時の閉室のチャイムである蛍の光を聞くまでずっと勉強するの繰り返しの日々でした。とても辛かったけれど、これを乗り越えたおかげで、夏休み前は考えもしなかった県下最難関公立高校に合格できましたし、ただ合格しただけではなく、精神面もとても強くなりました。中3の夏休みの辛い生活を乗り越えられたのは、市進の先生の叱咤激励、同級生との励まし合いがあったからです。辛い思い出も今では大切な思い出です。本当にありがとうございました。

(10代) 匿名希望 様より
夏になると市進学院を思い出します。市進には数学の偏差値を50から75まで上げてもらいました。嘘みたいな話ですが本当です。中3の夏休み、授業がない日も先生に朝から面倒を見てもらって、数学の問題を速く、正確に、たくさん解きました。とにかく問題の種類をたくさん、そして繰り返し解きました。中3の夏休みは朝から晩まで塾で勉強しました。先生は厳しかったですが、自分に甘い私にはピッタリでした。そして何より先生の数学の教え方はとてもとてもわかりやすかったです。6人クラスだった私は、そんな大変な日々を5人の仲間と励ましあっていきました。アットホームな環境で、今でもその暖かさを覚えています。市進に通って死ぬ気でがんばっていた頃の自分は自分にとって誇りです。市進学院、本当にありがとうございました。

(20代、所沢教室) N先生ファンクラブ 様より
市進は公立中学校のようなのんびりした雰囲気がありながらも、やるときはやる!という仲間が揃っていて、本当にいい塾だったなと思います。中三のときはプレップの休み時間に教室で電気を消して修学旅行ごっこをやったりとふざけていた思い出ばかり思い出しますが(笑)

(40代、都賀教室) N.A. 様より
昭和58年~60年、小学4年から6年の間、家からバスに乗って市川進学教室(当時)の都賀教室に通いました。バス停まではいつも祖母が送り迎えしてくれましたがその祖母も去年99才で他界してしまいました。

当時はまだ中学受験をする人は少なかったせいか、教室には同じ小学校の人もおらず最初の2年はほとんど友達もいなかったのですが、それでも毎回市進に行って小学校では教えてくれない高度な内容の授業を受けるのが子供心にすごくワクワクする毎日でした。当時の市進はテキストがなく毎回授業プリントが配られ(今は違うのかな?)、先生の黒板やプリントの回答を市進オリジナルの鷲のマークのついたノートに書いていく方式でした。今でも市進に通っていた3年間は祖母の思い出と共に私の人生の中で一番輝いている時代です。

当時お世話になりました市川進学教室都賀教室のSクラスを担当していたのはK先生という方でした。その後30年間、先生にはいつも感謝の気持ちでおります。小学6年生になり受験も近づいた夏期講習の時に、内気な私が緊張しながら初めて質問室に算数の質問に行きましたら、書き物をしていたK先生が、すぐに手を休めて、白い紙にさらさらと解き方を教えてくださったこと、以来、わからないときは質問に行けるようになったこと。また、昭和61年2月1日の桜蔭中学の入試の日に、他の大手の塾の講師や生徒たちで騒がしい中学の門の所で、私を見つけて手を握って励ましてくだった先生のことは、私も父も忘れていません。K先生のクラスであの時桜蔭中に2人合格しましたが(少ない人数のクラスだったので珍しいことだったのではないかと思います)、2人とも今は国立大医学部を出て医師として患者さんのためにがんばっています。

最後になりましたが、市川進学教室、いえ、市進学院50周年おめでとうございます。
これからも、たくさんの子供たちの未来を良きに向かわせてくれる素晴らしい塾であってください。

(40代、検見川教室) T.K様より
そろそろ息子の塾でも考えようかと思い、何気なく市進学院のホームページを拝見いたしました。そこには50周年の文字、そして「私と市進」には同じ40代の方の投稿、N.Aさん。誰だかわかりました。成績優秀者の常連さんでしたね。

当時私は検見川教室でRクラス。小学6年生の昭和60年6月に入会、6R-1というクラスでした。勉強はほとんどしたこともなく、中学受験が何なのかさえ知らずに入会しました。担任はU先生、ユーモア溢れる素晴らしい先生でした。学校ではそれなりにできる方だと思っていましたが、Rクラスの皆さんはとても優秀で、Sクラスは更に優秀、本八幡にしかなかったNクラスなどは雲の上といった感じでした。スタートは遅かったのですが、楽しい授業と友人からの刺激もあり、この頃は人生で一番勉強したように思います。

中学受験は良い結果には恵まれず、中学進学後も市進に通いました。優秀な方がごっそり抜けたため、中学ではSクラスからのスタート。その貯金で公立中では常にトップを維持でき、高校受験では第1志望校に入学できました。

私もN.Aさん同様、国立大学医学部を卒業し、医師として働いております。
市進学院は私の人生を大きく変えてくれたと思っています。

当サイトご訪問いただいた皆さまへ

ご訪問いただきありがとうございます。市進教育グループは2015年に創立50周年を迎えました。
ただいま、市進学院、市進予備校、個太郎塾などに通われていた方々からのメッセージを募集しています。あなたにとっての塾・予備校での学習の経験、教室・先生との思い出など自由に書いていただき、お送りください。みなさまからのメッセージ、お待ちしています。

市進教育グループサイトトップページへ

ページの先頭へ