市進の個別指導学習塾 個太郎塾
東京都内申
個太郎塾トップへ

都立高校の入試システム

(1) 平成25年春 推薦入試制度が変わった

併設型中高一貫校やコース・専門学科・単位制普通科・総合学科などで定員枠の上限を 50→30%に縮小(普通科・商業科は20%と変更なし)
総合点に占める調査書の割合の上限を50%に設定(これまでは調査書の割合を60%以上とする高校が多かった)
原則として全校で、「集団討論」を導入し、各校の判断で実施されていた「小論文または作文」「実技検査」「その他の検査」も1つ以上が必須に(各高校のホームページで、10月に「集団討論」「個人面接」「小論文」「作文」など各検査の評価の観点、3月に「集団討論・個人面接の得点」「小論文点または作文点」 などの得点分布を公表)

(2) 平成26年春 学力検査問題のグループ作成がスタート

国語・算数・英語の学力検査問題を学校独自に作成してきた15校は、平成26年度入試からは3つのグループに分けて、それぞれのグループが共同で学力検査問題を作成する」ようになりました。 理科・社会は都立高校共通問題を使用します。

グループ 校数 学校名
進学指導重点校 7校 日比谷、戸山、青山、西、八王子東、立川、国立
進学重視型単位制高校 3校 新宿、墨田川、国分寺
併設型高校(中高一貫教育校) 5校 白鷗、両国、富士、大泉、武蔵
進学指導重点校では、大問が1題差し替え可能になったほか、大問それぞれについて共通化された2~3題から各校が1題選択する形となりました。
26年春は日比谷が英数(国語はある事情から日比谷の用意していた差し替え問題が大問に利用されました)、西が数学で大問を1題差し替えました。27年春は差し替え問題を採用する学校が増え、日比谷と戸山が英数国、八王子東と国立が英国、西が数国、青山が英語で大問1題を独自問題としました。
進学重視型単位制高校では26年春は各教科で大問1問が差し替えられましたが27年は墨田川のみ英語で差し替えをしていません。
都立一貫校は26~27年春とも全問共通問題です。また、国際高校は英語の学力検査問題のみを自校で作成しています。

(3) マークシート方式の導入

採点ミスを防止するため、27年春から試験的に20校で実施されましたが、28年春からは共通問題を使用するすべての学校で原則マークシート方式が導入されます。 グループ問題作成校での実施は未定です。

(4) 平成28年春 選抜方法が大幅に変更

入試の多様化が進み複雑になった制度を簡素化するという目的やすべての学校での学力を重視するという目的から、入試制度が見直されました。以下、全日制普通科の第一次募集・分割前期募集についてふれていきます。

①すべての学校(体育科と芸術科を除く)で学力検査の教科を5教科に。27年春までは5教科の中から3教科以上という決まりだった。
②すべての学校(体育科と芸術科を除く)で学力検査と内申の比率を7:3に。27年春までは7:3、6:4、5:5、4:6からの選択。
換算内申の算出では学力検査のない教科の評定を2倍に。27年春までは学力検査5教科実施の場合は、1.3倍、3教科実施の場合は、1.2倍。

(例) 5教科実施の場合の換算内申の満点
28年春から 主要5教科×5×1倍+実技4教科×5×2倍=25+40=65
27年春まで 主要5教科×5×1倍+実施4教科×5×1.3倍=25+26=51

*内申点として使われるのは、中3の2学期(12月末時点)のものだけ(二学期制の場合は、後期中間試験後に内申点が出る)
特別選考が廃止に。特別選考とは募集人数の80%または90%を総合成績準に合格者を決め、残り20%または10%を各学校が公表した基準により合格者を決められる制度。 ⑤傾斜配点を実施できる学校の限定を強化。特色ある教育課程のある学校は、特定教科に傾斜配点(×1.2~2倍)を行うことができるが、新宿と国分寺がはずれる。
☆内申1点の重み(学力検査と内申の比率を7:3)はどう変わるか
総合得点として学力検査700点+内申300点=1000点(満点)として合否判断されるが、
その際
■学力検査500点→700点
…学力検査1点は700/500=1.4倍される…1000点満点中1.4倍にあたる。
■換算内申65点満点→300点
…換算内申1点は、300/65≒4.62倍される…1000点満点中4.62点にあたる。

総合得点1000点満点の中では換算内申の1点は学力検査の1点に比べ、4,62÷1.4≒3.3倍の重みがあることになる。主要5教科の内申点1点と換算内申1点は同じだが、実技4教科の内申1点は換算内申2点になるので、学力検査1点と比べ3.3×2=6.6倍になる。
27年春までは同じように考えて、
主要5教科内申1点は学力検査1点に比べ4,2倍。実技4教科では4.2×1.3≒5.5倍になる。

○内申1点と学力検査の同等点
内申の種類→ 主要5教科 実技4教科
28年春から 3.3点 6.6点
27年春まで 4.2点 5.5点
内申1点を学力検査で取り戻すには、28年春から主要5教科の場合4、2点→3、3点と下がるが、実技4教科では5.5点→6.6点に上がる。

公立高総合5科コース

ページの先頭へ

遊びながら覚える英単語200
入試に役立つカードゲーム ブレイン★バトル英語版

少人数制による寺小屋式自立学習指導
少人数制による寺小屋式自立学習指導 南天学舎