2021年度 夏期講習 中学受験コース
3/8

君を合格へと導く市進の夏SさんNさんIさん※合格者数は市進教育グループ(市進学院、茨進、平成進學アカデミー、典和進学ゼミナール、個太郎塾、プロ家庭教師ウイング、NPS成田予備校、進学塾サイン・ワン)の在籍生徒で受験直前の6か月の内、在籍期間が継続的に3か月以上かつ受講時間が30時間以上の合格者の合計です。なお、最終学年に在籍していない生徒、無料講座の受講生、テスト会員、一次試験のみの合格者等は一切含みません。2021春 中学入試 合格実績 (抜粋)合格者体験記(抜粋)開成中桜蔭中渋谷幕張中市川中東邦大東邦中浦和明の星中栄東中 11名9名46名106名131名27名46名 夏期講習で印象に残っていることは、何日間もいつもより長い時間勉強をしたということです。普段は放課後だけの授業が午前中から午後まであり、さらにそれが毎日のように続くので、正直とても疲れる日々でした。特に、日帰り合宿は大変だった記憶があります。6年生の初めのころは志望校に成績が届いておらず、あまり勉強も好きではありませんでしたが、夏期講習で頑張ったおかげか、夏の最後の試験では今までで一番の成績を取ることができました。自信がついて、それ以降の勉強はなんだか楽しくなりました。 1~2月の受験が何日も続く日がありましたが、夏期講習で身についた忍耐力や、乗り越える体力のおかげで、それほどストレスには感じませんでした。開成中進学 受験が終わって振り返った時に、一番たくさん勉強したのが夏期講習です。塾で長い時間勉強したのはもちろんですが、課題もたくさんあったので、家でもかなり勉強しました。夏期講習の最初のころは課題を終わらせきることができずに悩むこともありましたが、なんとしてもその日の復習はその日のうちにやろうと心に決めて頑張りました。そのうち時間の使い方や休日の使い方にも慣れ、課題を終わらせることが出来るようになりました。 2学期からも過去問講座などがあり、課題の量も相当あったと思いますが、それほど苦労せずにやりきることができたと思います。夏期講習で大変な思いをしたから成長できたのだと思います。桜蔭中進学 第一志望に合格するためには、夏の勉強が大切だと聞かされていたので、とにかくたくさん勉強しようと思って取り組みました。小5の頃から算数が苦手で、算数が伸びれば志望校にも手が届くと思っていたので、個太郎塾の夏期講習も合わせてやることにしました。集団授業の先生に相談したところ、苦手な図形をやるようにアドバイスされ、そうすることに決めました。 朝から夕方まで市進の授業を受けた後、図形分野を個別で特訓しました。問題は普段の先生が、個別の先生と相談して決めていました。集団だけでも大変なのに、そのあとで個別の授業を受けるのは大変でしたが、わからなくて悩む時間が減った分、逆に効率よくできたと思います。個別の先生は丁寧に教えてくれて、少し難しい問題が解けたときに褒めてくれてうれしかったのを覚えています。 集団で算数の授業をしているときに、今まで解けなかった図形の問題が出来たときに、頑張ってよかったと思いました。渋谷幕張中進学市進は公益社団法人 全国学習塾協会の合格実績自主基準に従い、事業活動を適正に推進しています。P3・P4 国私立中学受験コースP5・P6 公立中高一貫校受検コース表紙裏面 市進オンラインスクールのご案内INDEXその他、多数合格2

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る