聞きたいことから各種お申込までお気軽に

0120-80-0877

受付時間]10:00~20:30(月~土)

クレジットカードがご利用になれます。

MENU

聞きたいことから各種お申込までお気軽に

0120-80-0877

[受付時間]10:00~20:30(月~土)

2022年高校受験合格体験記
2022年高校受験合格体験記
  • 都立江戸川高

    日大一高、淑徳巣鴨高

    Kさん

    恩返しをしたい。その気持ちで臨んだ受験勉強

  • 合格がわかったとき、ほっとした気持ちが大きかったです。中学校3年間、親や市進の先生方にたくさん迷惑をかけてきました。その分、恩返しをしたいという気持ちが強かったのです。市進の先生方は常に親身になって寄り添ってくれました。僕が第一志望に合格できたのも、そのおかげだと思います。

    市進に通うようになったのは、体験のとき、先生がとても面白かったので、市進に決めました。市進に行ったことで、気軽に質問ができて、より合格に近づいたと思います。

    「年末年始特訓」では、とても時間が長かったのですが、忍耐力と集中力がついて良かったと思います。

  • 続きを読む

  • 埼玉県立大宮南高

    浦和学院高、浦和実業高

    Tさん

    最初からできないと思わず、どんな難しい問題もまずはチャレンジ!

  • 私は合格すると思っていなかったので、自分の受験番号を見た時も何回も合格しているか確認をしてしまいました。本当に自分が合格しているとわかったときは、とても嬉しくて今までの緊張から解放されました。3年生の途中まで勉強への取り組み方がぜんぜん分からなかった私を、やる気にさせてくれた先生にとても感謝しています。注意してくれたことも、今となれば自分のためになっていることが分かりました。本当にありがとうございました。

    私が塾を市進に決めた理由は、姉が通っていたからです。市進に通ってよかったことは、他の塾に比べて1クラスの人数が多すぎない分、一人ひとりへの対応がよいことです。また、生徒みんなへ平等に接してくれたのもよかったです。他の塾よりもよいところがたくさんあって、楽しく塾に通えることができました。市進には、優しくて面白いことをたくさん話してくれる先生方ばかりで、勉強へ前向きに取り組むことができました。勉強以外にも雑学を教えてくれる先生がいて、友だちにも自慢することができて、面白いと言ってくれたのでよかったです。

    「季節講習」では、通常授業のときよりも授業が増えるので、先生に会う機会が増えて、質問もしやすくなりました。授業が多くて疲れているときに、「一緒に頑張ろう」や「○○さんなら大丈夫」と声をかけてくれて、とてもやる気になれました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    3年生になって苦手なところがあっても、教えてもらいながらやると必ずできるようになるので、諦めないでください。「最初からできないと思わないで、どんなに難しい問題も、まずチャレンジしてみることが大事」ということを先生に聞いたので、初めての問題は、まずチャレンジしてみてください。
    1・2年生の時は、提出物を期限までに出さなければならないという気持ちが大きくて、答えを見たり、友だちにやってもらったりすることがあったので、内容を全く理解することができていませんでした。そういうことをせずに、自分で何周もやっておけば、もう少し成績が伸びたかもしれません。

    保護者さまより

    姉がお世話になっていたので、下の子も市進へ入塾しました。小学6年生から4年間お世話になりました。家では、自主勉強をやらないので困っていることを先生にご相談させていただいたところ、子どもに塾の自習室を利用することを勧めていただき、少しずつ勉強する時間が増えていきました。勉強以外の大事なことなどいろいろ教えてもらい、子どもはたくさんのことを知ることができ、市進から帰ってくると、嬉しそうに話をしてくれました。高校入試前後は、試験のことだけではなく、子どものメンタル面でもサポートをしていただきました。おかげで志望校に合格することができ、無事に乗り切ることができました。

  • 続きを読む

  • 都立科学技術高

     

    Sさん

    本気で頑張ったことが報われる嬉しさを知った

  • 初めて本気で頑張ったのが高校受験だったので、受かった時はものすごく嬉しかったです。本気で頑張ったことが報われる嬉しさに気付かされました。私が合格できたのは自分が頑張ったからというのもあるけれど、市進の先生方が熱心に教えてくださったり、支えてくださったりしたおかげでもあります。本当にありがとうございました。

    市進に通い始めた理由は知り合いがいなかったからです。私は知り合いがいると集中できないので、ちょうど良かったです。市進に通っていて良かったことは、先生がとても熱心ということです。テスト前に範囲のプリントを渡してくださったり、分かるまで教えてくれました。

    「季節講習」では、とにかく塾に行く日が多くて大変でした。毎日のように行っていた気がします。特に「合格突破講座」というイベントが印象に残っています。5教科しっかり勉強するなら、体力が必要だと思いました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    内申点を上げておいた方がいいと思います。また、あまり思いつめないでほしいです。「夏期講習」は大変ですが、頑張ってください。

    保護者さまより

    市進学院に決めた理由は、コロナ禍の中でもきちんとスペースを取り、密集していない学習環境があったからです。先生方の声かけ、勉強の教え方が子どもにとってプラスに働き、成長につながったと思っています。今回の高校合格は、本人の力以上のものが結果として出たと思いました。関わっていただいた方に感謝しています。ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立鎌ケ谷高

     

    Sさん

    どんな時も焦らず、自分がやるべきことを考えて行動した

  • 長い間、受験のために色々頑張ってきたので、受かってよかったです。市進の先生や親が応援してくれていたから、それに応えられて嬉しかったです。精神的に辛いときもたくさんありましたが、市進の先生がいつも前向きな言葉をかけてくださったので、なんとかやって来られました。側で支えてくださり、ありがとうございました。

    学校では教えてくれないことを教えてくれたり、苦手なところを分かるまで教えてくれたのがよかったです。相談に乗っていただき安心感がありました。

    ふだんの授業では、先生がおもしろい語呂合わせなどを教えてくださったことが印象に残っています。おかげで、忘れずにいることができました。

    模試の結果が悪いときもありましたが、先生に励まされながら最後まで頑張れました。あせらず自分がやるべきことを考えて行動することが大事だと思いました。高校に入学しても、大学受験にむけて1年生のうちから頑張ろうと思います。

    保護者さまより

    3年の夏からの入塾でしたので、授業についていけるか心配もありましたが、自習室を活用し、努力していたと思います。志望校に入学できて良かったです。ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立鎌ケ谷高

    千葉敬愛高

    Hさん

    先輩方の失敗談を通して、対策することもできた

  • 自己採点の時ボロボロで、すごく不安だったけれど、高校に行って自分の番号を見つけた時、すごく安心しました。私はずっとギリギリのラインで最後まで受験を迷っていたので、先生方が支えてくれて嬉しかったです。補講もやってくださったおかげで、少し自信がつきました。たくさん支えていただきありがとうございました。

    塾を探していて、友だちが市進に通っていたので、情報を調べて決めました。市進に通っていて、模試をたくさん受けることができたり、親身になって相談に乗ってくれたりして、ありがたかったです。また、先輩方の失敗談などもたくさん聞くことができ、対策することができたので、良かったです。

    「夏期講習」でいつもと違うメンバーと勉強したことが印象に残っています。知らない人たちと一緒に勉強することで、もっと頑張ろうと思いました。逆に私だけ解ける問題もあり、自信にもつながりました。
    「年末年始特訓」では、周りが夏より学力が上がっていて焦りました。私立の過去問をやったときも、自分だけできていない問題もたくさんあり、「やばい!」と感じスイッチが入りました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    最後の方まで志望校を迷っていて、対策などがギリギリになったので、夏に確定しておけば良かったと感じています。また、苦手教科の克服が難しかったので、たくさん質問をして、自習を頑張れば良かったと思います。
    市進で学んだことを中学1年の頃から、きちんと復習をする習慣をつけておくと良いです。

    保護者さまより

    市進学院は本人が希望したため決めました。塾へ通うのは嫌がると思っていましたが、自らの意志があることを知り、嬉しく思ったのを覚えています。特に、勉強を支えるなど大それたことをした思いはなかったのですが、強いて言うと、送迎中の短時間の会話で、勉強・テストの話から学校生活の話まで聞いて、本人の気持ちがほぐれる瞬間に気付きました。見守る方も「本人の希望する進路へ進んでほしい」そんな気持ちに気付き、自分のできることを変わらずにやろうと思いました。
    子どもたちもたくさんのプレッシャー、ストレスをかかえていると思いますが、保護者も同じくらいストレスを抱えると思います。お子さまを信じ、時にはお互い息抜きをしながら受験に臨まれ、ご希望の進路へ進まれますようお祈り申し上げます。

  • 続きを読む

  • 埼玉県立川越女子高

    星野高

    Nさん

    最初は分からなくても、やっている間になんとかなる

  • 合格が分かったときはとても嬉しかったです。市進の先生方、ありがとうございました。
    市進に決めたのは、夏期講習に参加して良い塾だと思ったからです。きちんと勉強する時間がとれるところがいいと思いました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    夏期講習、冬期講習、北辰テスト、受験本番などの長時間の講習や試験の時は、途中でお腹が空くのでゼリー飲料などを持っていった方が集中できると思います。習ったことはその都度頭に入れて、後で困らないようにするべきだと思いました。最初はわからなくても、やっている間に意外となんとかなることが多いので、諦めないで続けてください。

    保護者さまより

    知人の紹介で中2の夏期講習から通い始めました。志望校を決める際は、子どもの学力と通学距離を考慮した上で、本人が「ここがいい」と決めた高校を第一志望にしました。当初はケアレスミスが多く悩んでいましたが、先生方のご指導のおかげで自分の弱点に気付けたようです。勉強のほとんどが塾にいる時間内で完結し、無理のない量の宿題と優しい先生の励ましが娘には合っていたように思います。また、定期テスト前や入試前は自習室に来るようにと先生の方から誘っていただけたのも助かりました。家に勉強を持ち込むことや勉強!勉強!と追い込まれることを嫌う娘の性格をよく理解していただけたおかげで無理なく受験本番に向けて、意識も高めることでき、家では勉強に口を出すことなく、いつも通りホッと一息つける環境を維持できました。
    家族や学校の先生以外の大人が親身になって応援してくれることは、子どもにとって、とても大きな力になったと思います。親としても不安なときに、気軽に先生に相談ができて心強かったです。本当にお世話になりました。ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立検見川高

    市原中央高

    Hさん

    自信がついた『冬期講習』。自分を信じてあげることは不可欠

  • 失敗したと自覚した入試当日を思い出しながら、泥のような気分で合格発表の掲示を見に行きました。そんな中、合格を知ったときには喜びと安堵でいっぱいになりました。このように前向きな気持ちで受験期間を終えることができて、本当によかったです。自分の納得がいく結果を得られたのは、その時々で市進の先生方からの必要な勉強や学習習慣などについてのアドバイスを実行してきた積み重ねのおかげです。先生方にはとても感謝しています。

    私は自宅から近く、自習室を利用しやすいことや、キャッチコピーの学習サイクル(学習の輪)に魅力を感じ、市進に決めました。自分よりも学力の高い人たちが多い場所だからこそ、もう少し頑張れると思えたり、そのような環境によって自分に足りないものを目に見える形で感じる機会が多かったりと、いいことも苦しいこともありました。学校内での順位や、進学校のレベルを上げることができたのは、市進だったからだと、強く感じています。

    「季節講習」では、気持ちの切り替えの面やこの期間で何を身につけたいかなど、短期的な目標を作りやすかったことが自分に良い影響を与えてくれたように思います。特に「冬期講習」は私にとって一番、有意義な時間でした。もう一度確認しておきたい分野や、確実に点を取っておきたい部分などを復習することができ、自信にもつながった重要な期間になりました。
    夏の「集中特訓」は、初めて違う教室やクラス編成で12時間ほど机に向かい続け、色々と衝撃が大きかったです。違うスイッチが入ったような感覚で、長い夏期講習の中で力を入れ直すことができました。そして、その後は時間の感覚が変わり、通常授業が短く感じるようになりました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    入試へのスイッチが入るタイミングは早ければ早いほど良いということを痛感しました。ぜひ、1ヶ月を軽んずることのない学習計画を立ててください。いつの間にか「あと半年」になっています。
    当日の自分を想像してみてください。自分自身に過度な期待をすると逆効果だと思います。おそらくほとんどの人が「後悔ゼロ」で入試を終えることはできません。けれども、自分を信じてあげることは不可欠です。受験を通して、期待と信頼は別物だと感じました。難しいです。

    保護者さまより

    塾の先生からの、塾に毎日来させることだけ注力して欲しいという言葉を信じて、勉強については市進の先生方にほとんどお任せしてしまいました。親としては子どもがなかなかやる気にならず、集中して勉強してくれるまで、やきもきしていましたが、ある時期から、本人が自発的に勉強し始めてくれ、その結果が合格につながったのだと考えています。子どもがやる気になってくれたのは、市進に通い続け、先生方の話を聞く機会を多く持てたことがよかったのだと思います。ご指導ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 國學院高

     

    Tさん

    ライバルがいることで気を抜かずに勉強することができた

  • 入試でうまくいった感じはしていなかったから、受かったと分かった時はすごく安心しました。それと同時に今まで頑張ってきて良かったと思いました。そして、1年の時から基礎を固めてくれた先生方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

    私が市進に通うようになったきっかけは、学校の成績が悪かったからです。そして、市進で良かったことは、同じクラスに似たような成績の子がたくさんいたので、ライバルのような感じで気を抜かずに取り組めたことです。他にも、教室がオープンな雰囲気だったので先生に質問しやすかった点がよかったです。

    「季節講習」では、毎日授業がある中で、ストレスを感じなかったです。たまに出てくる先生のダジャレがすごく面白かったです。特に印象的だったのは「年末年始特訓」で、11時間くらいある中で大変だったけれど、理系と文系の授業が交互にあったので、頭を切り替えることができて思ったより楽だと感じました。ここの踏ん張りのおかげで、高校に合格できたのだと思っています。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    徹夜をせず、ストレス解消を大切にして、特に試験1週間前は「健康第一」で過ごしてください。頑張ってください。

  • 続きを読む

  • 都立城東高

    淑徳巣鴨高

    Yさん

    ずっと勉強することも苦ではなかった

  • 合格が分かった時はかなり嬉しかったです。受験の最後まで先生方が寄り添ってくれて、本当に助かりました。ありがとうございました。

    姉がすでに通っていたので、私も自然と市進に通うようになりました。市進のよかった点は、先生に相談しやすく、自習室もあるので受験のための良い環境がある点です。

    「季節講習」では、ずっと市進にいて勉強していましたが、思ったより苦ではありませんでした。

  • 続きを読む

  • 千葉市立千葉高

    日大習志野高、市原中央高

    Oさん

    朝から夜まで授業がある『年末年始特訓』での学びが、合格につながった

  • とにかく受かっていてほしいと願っていたので、合格がわかった瞬間、無意識にガッツポーズが出ました。また、ホッとしたのか、足が震えて力が入りませんでした。3年間、僕の面倒を見てくださった先生方には、本当に感謝しています。市進学院に通っていて本当に良かったと思います。

    僕は土・日・祝日に野球をやっていたので、平日に授業がある塾を探していて、体験授業をしたときに良いと感じ、市進に決めました。市進に通っていて良かったことは、自分が行きたい高校に行けたことと、定期テストの順位を少しずつ上げて、1ケタの順位を取れるようになったことです。

    「季節講習」では、とにかく毎日塾に行くのが辛かったです。それでも、そのおかげで集中力がついたので、今振り返ると大事な経験だったと思います。
    「年末年始特訓」では、朝から夜までずっと授業を受け続けるのが本当に辛かったけれど、そこで学んだことが入試に出たので、頑張って良かったと思いました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    ・2年生になったら授業数が大幅に増えるので覚悟しておいたほうがいい。
    ・苦手な教科と年号は今のうちから勉強をしておいたほうがいい。
    ・みんな中3の夏休みくらいから頑張り出すから、中1・中2からたくさん勉強しておけば得になる!
    ・気合と根性でどうにかなる!頑張れ!

    保護者さまより

    硬式野球チームに所属していたため、中1・中2で土曜日に授業がないことが市進学院に決めた理由でした。安易な理由で決めてしまいましたが、先生方が授業のフォローはもちろん、休んだときもそのままにせず、きちんと対応してくださりました。その中でも特にありがたいと思ったのが、初めて緊急事態宣言が出され、学校も塾も休みになったときに、学校の授業時間に合わせ、課題の時間割を作ってくださったことです。自粛中だとどうしても朝寝坊したり、夜更かししてしまったりの生活になりがちでしたが、時間割のおかげで、規則正しい生活が送れていました。塾内だけではなく、家でのことでもフォローや相談に乗っていただき、感謝の気持ちしかありません。思春期で家での会話も減っていましたが、先生方とはきちんと意思疎通ができていたので、受験期の不安や心配は全くありませんでした。第一志望の公立高校に合格できたのは、本人の努力はもちろんですが、市進学院の先生方のおかげです。3年間ありがとうございました。引き続き、市進予備校のほうでも、よろしくお願いします。

  • 続きを読む

  • 千葉県立千葉高

    昭和秀英高、市原高

    Sさん

    志望校決定に大きな影響を与えた『日帰り合宿』

  • 合格しているとわかった時は、嬉しさと同じくらい驚きを感じました。試験が終わった後の自己採点の点数が、今まで解いてきた過去問と比べてかなり低かったので、自分が合格していることが信じられなかったです。また、市進の先生方には勉強面だけでなく、精神面でも支えていただきました。先生方の手厚いサポートや、温かい励ましのおかげで、第一志望校に合格することができたと感じています。本当にありがとうございました!

    私が市進に決めた理由は、中学2年生のときに春期講習へ参加した際に、「この塾なら自分の力を伸ばせるかも知れない」と感じたからです。また、公立高校入試対策に力を入れているところや、定期テスト対策が充実しているところも魅力的でした。市進の先生方のサポートはとても手厚く、弱点を克服するための勉強法を提案してくださったり、志望校に関する悩みを親身になって聞いてくださったりしたことが力になりました。

    「夏期講習」が特に印象に残っています。講習が始まる前は、「本当に長時間の勉強をこなせるのか」「苦手教科を克服することができるのか」と不安を感じていました。しかし、実際に講習が始まると、勉強をしたり塾に行ったりすることが少しずつ当たり前になりました。また、苦手だった教科の勉強を楽しいと思えるようになりました。夏期講習は私の受験生生活の基盤になったと考えています。
    「日帰り合宿」は、私の志望校決定に大きな影響を与えたイベントです。行くまでは「千葉高に行きたい」と思っていたわけではなく、自分の実力に合った高校に行ければいいと考えていました。しかし、日帰り合宿でレベルの高い生徒や授業を見て、周りの人たちと同じように千葉高合格を目指して、勉強に取り組んでいきたいと考えるようになりました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    入試で大切なのは「一問でも多く正解する!」という強い思いだと思います。今回の高校入試で私立、国立、公立と多くの高校を受けて、一つの問題に正解するかしないかで合否が分かれてしまうということを実感しました。これから受験に臨む皆さんには、一つの問題を「たかが一問」と見くびらず、大切に解いていってもらいたいです。今回の受験勉強で自分に勉強の習慣が身についたように感じます。高校に入ってもコツコツ勉強を頑張って、大学受験も成功させたいと思っています。
    最後になりますが、受験勉強をしていて辛くなったり、諦めたくなったりしたときは、次の年に笑顔で高校受験を終えている自分を想像してみてください。改めて頑張ろうという気持ちになれると思います。最後まで諦めないで頑張ってください!

    保護者さまより

    市進に決めた理由は、無理な宿題や過度の予習を義務付けておらず、時期に合わせた勉強・内容時間を推奨しており、部活との両立が可能だと思ったからです。
    中3の夏以降はほぼ毎日塾に通い、自宅でも勉強の日々だったので、極力ストレスを与えないように、こちらからは勉強については口出しせず、応援して見守っていることしかできませんでした。塾からの帰宅時間が22時頃になるときもありましたが、夕食は家族でとるように心がけていました。食事をしながら本人が不安や悩みを少しずつ話してくれたので、相当プレッシャーを感じていたのだと思います。親としてはだた見守ることしかできませんでした。
    合格したときは、本人の努力が実り、とても嬉しかったです。私立の不合格も経験していたので本人より親のほうが不安でした。
    これから受験に臨まれる親御様には、子どもを信じて最後までサポート役として、お子様を応援してあげてください。

  • 続きを読む

  • 千葉県立千葉高

    日大習志野高、昭和秀英高、早稲田実業高

    Sさん

    合格の結果よりも、その過程でどんな力が身についたか

  • 合格したときは、受けた高校に自分の頑張りが認められたのだと、努力が報われた気持ちになりました。その気持ちは、難しい高校であるほど強かったです。市進に通って、お世話になったすべての先生方のおかげで、学力をここまで成長させることができました。ありがとうございました。

    駅から近く通いやすかったことが市進に決めた理由の一つです。受験勉強以外にも、定期テスト対策の学習会があったり、自習室が利用できたりするので、授業がなくても勉強できる環境が用意されているところがよいところだと思います。また、カリキュラムの種類が多いので、自分に合わせて勉強できました。

    中学3年生の「夏期講習」では、今までにない量の授業や課題があり、大変でした。でも、先生方や友だち、家族の支えのおかげで、なんとか乗り越えることができ、そこから勉強の習慣が身につき、学力を伸ばすことができました。
    過去問を始めたばかりの頃は、全く合格点に届かず映像解説を見て、落ち込むことしかありませんでしたが、先生の言葉を受けて、絶対に負けないように勉強しようと努力することが出来ました。過去問で最初に合格点を取れていなかった高校に受かったので、映像解説の先生にも感謝しています。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    受験では、個人戦と団体戦を意識するといいと思います。
    個人戦は、ひたすら自分の力をつけるために勉強することです。また、最終的に自分に合う高校を決定するのも自分自身です。団体戦は、友だちやライバル、家族や先生と共にモチベーションを上げたり、視野を広げたりすることです。どちらも苦しい受験を乗り越えるのには大切です。
    市進の先生から、受験は合否の結果よりもその過程でどんな力がついたかが重要だと聞きました。僕自身、それをしっかり意識して取り組めていたかは分かりませんが、合否にとらわれ過ぎず、未来の自分のためのよりよい選択をしてください。

    保護者さまより

    市進に通う中で一番印象的だったのは、中2のときの担当の先生に「市進の教材をこなせば、どこの学校でも合格できるように作成されている」と言われたことです。振り返ってみると、その通りでした。子どもは小5に入塾してからまじめに指示された課題をこなしていく中で、確実に実力をつけました。合格をいただいたときは、その子どもの努力を認めてくれたような気がして、とても嬉しかったです。
    的確な指導で、合格に導いてくださった市進の先生方には、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立千葉高

    成田高、千葉敬愛高

    Yさん

    これ以上ない成功体験になった

  • 合格したことがわかった時、まずは安堵の気持ちが大きかったです。Webの合格発表が確認できず、悶々とした心持ちで直接高校に向かって合否を確認しました。自分の番号を見つけてほっとしました。そのあとに、「自分はこの学校で勉強ができるんだ!」という喜びがこみ上げてきました。千葉高に無事合格できたのも、市進に通っていたおかげです。これ以上ない成功体験になりました。市進の先生には感謝してもしきれません。

    塾に通うのは初めてだったので、最初は課題の量や授業のレベルの高さに驚きもしましたが、自分なりにできることが増えていきました。

    「夏期講習」を受ける中で、「違うクラスの授業を受けてみないか」と言われたことが印象に残っています。戸惑いもありましたが、さらにレベルの高いところで勉強できるということもあり受けることにしました。受講できて本当によかったです。
    「プレップコース」の授業で印象に残っているのは、夏に初めて受講した授業です。レベルの高い人たちの中に混じって勉強するのは、とても刺激のある経験でした。扱う問題も高いレベルのものばかりで、脳がフル回転しているのを感じていました。
    「あぁ、今、勉強している!」と実感しながら勉強していました。とても刺激的な実のある授業でした。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    勉強は、「何時までやろう」よりも「(テキストなどを)ここまでやろう」の方が良いと思います。「何時までやろう」だと、たるんでしまうこともありましたが、「ここまでやったら休憩しよう」というようにすると、「早く終わらせて休憩しよう」というように考え、やる気を維持できることが多かったです。

    保護者さまより

    中2の2月ころから塾の検討を始め、市内のいくつかの候補から、知人の紹介で市進にしました。知人がいて心強かったこともありますが、授業の予習・復習というより、高校受験のための塾選びだったので、情報力がありそうなことと、模試の体制などが整っていること、本人にとって緊張の少ない人数だったことも理由です。
    面談時に考えてもいなかった高校が候補にあがった時は、素直に受け取れませんでしたが、学力がついてくると本人もそこを目指すようになりました。志望校を下げた方がよいのではという不安は直前までずっとありましたが、夏から秋にかけて何校か見学した結果、やはり本人の希望を支えることにしました。本人の頑張りが報われたことをとてもうれしく思いました。
    面白い授業や、時には厳しい言葉でやる気を支えてくれた先生方や、学習の場を整えてくれたスタッフの方々に感謝しています。ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 中央大高

    国府台女子高(特進)

    Mさん

    プリント、チェックテスト、一問一答に溺れた一年間

  • 合格がわかった時、何かの手違いではないかと、何度もサイトと受験票を照らし合わせていたことが印象に残っています。様々な演習をしたにも関わらず、歯が立たなかった数学や緊張のしすぎで泣きそうになっていた面接など、「落ちる要素」だらけだと思っていたため、合格したことが信じられませんでした。3年間支えてくれた家族や市進の先生方に賞賛の言葉をたくさんかけてもらえて嬉しかったです。

    市進は他塾に比べ生徒の学習レベルが高く、質の高い授業を受けられそうだと感じたため、入塾を決めました。気軽に話せる先生や相談にのってくれる友人と出会うことができて、本当によかったです。

    市進では、プリント、チェックテスト、一問一答に溺れた一年間でした。一日に15枚のプリントを終わらせた講習も、今では良い思い出です。知識を定着・活用させる機会となり、自分の実力を伸ばすことができたと思います。

    高校入学後は、大学入試がない分、漢検・英検の準1級取得を目指したいです。また、学年の上位20%に入れるように日頃から学習習慣を欠かさないようにしたいです。大学に入学したら、市進の受付でアルバイトできるように頑張ります!

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    ~私立単願受験なら~
    ・過去問は覚えるまでやる。
    ・解答用紙をコピーして本番形式でやる。
    ・制限時間マイナス10分で解く。(50分の試験形式一つ40分で解く練習)
    ・市進の授業テキストの最後の問題を全教科やっておく。
    ・主要国の正確な位置や地域の特色、3W1Hで歴史を覚えると社会が伸びる。
    (誰が、いつ、どこで、何を、なぜ、どうしたのか)

    保護者さまより

    教科書の丸暗記だけでなく、応用力も必要だと考えて市進に決めました。必要に応じて教科を選択できたり、英検対策コースがあったりするのも魅力だと思います。中学の3年間で、親としては高校や大学の合格が人生のゴールになってしまわないように、進学後も将来に向けて楽しく学び続けてほしいと思うようになりました。
    娘の性格と学力、時代の流れなども考えると、志望校について悩む時期もありましたが、担当の先生との面談で少しずつ方向が決まり、明確な目標ができてからは、娘も漠然と上位の高校を目指していたときより集中して勉強するようになりました。不安定な成績が続き、辛いときも市進の先生方が支えてくださったおかげで、娘は諦めずに頑張ることができたと思います。
    3年間大変お世話になりました。ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 都立西高

    日大習志野高

    Tさん

    塾に行くことに辛さを感じなかった

  • 僕は、合格する可能性は限りなく低いと思って受験したので、合格を知った時はとても喜んだと同時に驚きました。合格する鍵となったことは、入試の前日まで先生方が理科・社会の授業を熱心にしてくれ、自信を持って入試に望めたことだと思います。だから、最後まで自分を支え続けてくれた先生方に、とても感謝しています。

    兄が市進学院に通っていたため、僕も通うことを決めました。中3のときのクラスでは、担当の先生がとても良く接してくれて、授業がとても楽しく、塾に行くことに辛さを感じなかったことが、市進に通っていて良かった点だと思っています。

    「年末年始特訓」では、過去問を解いて、クラス内の得点の順位が掲示で発表され、良い点を取ろうと努力することができたことが印象に残っています。「プレップ(難関高対策講座)」では、過去問や必修テキストとは一味違う難しい教材を取り扱ったので、難問に慣れることができました。

  • 続きを読む

  • 日大二高

     

    Aさん

    共に勉強し、共に夢に向かって努力する仲間はとても大切な存在

  • 私は合格したときは、ほっとして安心しました。約4年間、いろいろな先生にご指導いただき、大変感謝しています。特に中3のときの先生方には、勉強面だけでなく、精神面でもサポートしていただき、心強かったです。ありがとうございました。

    私が市進に通うことになった理由は、友だちが通い始めていたからです。市進では、5教科を学ぶことができたので、それが良かったと思っています。また、先生方は生徒思いで質問にも快く対応していただき、温かい塾で良かったです。

    丸一日授業がある「日帰り合宿」は、印象的でした。インプットすることもアウトプットすることも多く、充実した日を送ることができたと思っています。

    「公立高校合格突破講座」では、高校別でその高校の入試の特徴など、普段学べないことまで教えていただき、ためになりました。目標が同じ人と学べる機会があって、良かったと思っています。

    市進では、先生はもちろんクラスメートにもたくさん励まされ、力をもらいました。共に勉強し、共に夢に向かって努力する仲間です。私の中でとても大切な存在になりました。そんな雰囲気を作ってくれた先生方、仲間の皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
    今後は大学受験に向けて気持ちを切り替え、良い結果となるように今まで以上に努力していきたいです。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    どんなに辛く、苦しくても自分の目標を達成するために努力し続けてください。

  • 続きを読む

  • 晴海総合高

     

    Oさん

    励ましの言葉により楽な気持ちで受験期間を過ごせた

  • 受験直前に担当の先生が励ましてくださったり真剣に話を聞いてくださったりしたおかげで、受験期間を楽に過ごすことができ助かりました。ありがとうございました。

    市進には学校の知り合いがたくさんいたので通うことを決めました。先生方が優しく対応してくださったので、楽しく通うことができてよかったです。

    元市進生の先輩の声を聞ける「中3学習法説明会」では、実際の入試のイメージが分からなかった頃に、オンラインで先輩方の体験談や、高校選びの決め手を聞く機会があり、役に立ちました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立東葛飾高

    専修大松戸高

    Sさん

    勉強は早ければ早いほどライバルに差がつけられる

  • 私立の第2志望の高校に受かった時は、ただ単純にうれしいと思っただけでしたが、第1志望校の合格発表の時に自分の番号を見つけて、夢を見ているような感じで、後からうれしさがこみあげてきました。合格のために長い間頑張ってきたので、本当によかったです。ここまでやれたのは、私が苦手な部分を見つけて、しっかり対策してくれたり、わからない部分を解説して応援してくれた先生のおかげだと思います。

    私が市進に通うようになった理由は、授業の体験をして、とてもわかりやすく、続けられそうだと思ったからです。市進は入試だけでなく、学校の定期テストの対策もしてくれて、とても助かりました。また、市進のテスト以外にも多くの単語テストなどがあり、より多く覚えることができました。他にも、入試の作文練習に協力してもらったり、私立の入試直前に空間図形の授業があり、とても助けられました。

    中3の「冬期講習」で、入試直前に、中学校3年間の総復習をしてみると、自分が覚えていない部分や忘れていた部分が思っていた以上に多く、入試直前にやり直すことができました。そのおかげで、第1志望と第2志望の高校に合格することができました。また、わからない問題も先生に質問することで理解することができ、自分の苦手な部分を極力なくすことができました。
    市進の「日帰り合宿」の1日目が、ちょうど私の誕生日と重なっていたことが印象に残っています。最初は1日10時間の勉強なんて自分にはできないと思っていましたが、だんだんと慣れることができ、1日10時間も集中して勉強できるようになりました。また、「年末年始特訓」では、東葛飾高校の近くの柏教室に行って勉強しました。いつもとは違う環境で勉強したことが、印象に残っています。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    私は入試に向けて勉強している時に、もっと前から勉強をはじめていればよかったと思いました。勉強は早ければ早いほどライバルと差をつけることができます。そのため私は、高校1年生の時から気を抜かずにがんばろうと思いました。
    これから受験に臨む人たちには、後になっても悔いが残らないようにしてほしいです。

    保護者さまより

    市進学院に決めた理由は、本人が望んだからという事と、周囲から市進だったら間違いないとの評判を聞いたからです。
    コツコツと勉強をする姿勢を身につけることができたと思います。
    合格発表を見て合格したとわかった時は、ただただホッとしました。今までの努力が報われて良かったと声をかけました。
    帰り道では、これからどうしたいか、どうすれば良いか、なども話しながら帰りました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立東葛飾高

    専修大松戸高、土浦日大高

    Aさん

    周りよりできていないと気付いたとき、追いつこうという競争心が頑張る力に。

  • 1年間、自分のやりたいことをがまんして頑張ってきたことを思い出し、とても嬉しく、中学3年間の学習は無駄ではなかったと感じました。また、お世話になった学校や市進の先生方、両親に早く報告したいという気持ちでいっぱいでした。休日や祝日も何時間も授業をしてくださったり、分からないところはすぐに教えてくださったりした先生方、本当にありがとうございました。

    ぼくは、いとこが市進の別の教室に通い始め、成績が上がっていると聞き、家の近くの市進へ体験に行ったところ、迫力のある、わかりやすい授業だったため、市進で勉強を始めました。市進のいいところは、学校の授業を復習として使えるところです。市進は進み具合が学校よりも速いため、定期テスト対策も余裕をもってできます。また、集団授業のため、競争心が芽生えるのも良い点です。周りよりできていないと気付くと、追いつこうと頑張れます。

    「季節講習」は、長期休暇で時間もあるため、学習時間が増え、成績が上がりました。
    3年生で講習時に受けた「日帰り合宿」は、正直辛かったですが、クラスによっては普段と違う教室での受講となり、さまざまな先生の授業が受けられ、たくさん吸収することができます。日帰り合宿に行くと行かないとでは、後で差が出ることは間違いないです。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    一番言いたいことは、第一志望校を早く決めておいた方がいいということです。私は願書記入の際まで悩んでいました。その2校がレベルの差があり、1校は頑張らないと入れない、もう1校は今のままでも入れるような状態でした。そのため、目標が明確にならず、勉強のモチベーションが上がりませんでした。成績が落ちてしまう危険性もありました。そのため、早い段階で一つの目標を掲げ、その目標達成を目指して、勉強することをオススメします。
    3年生では、1・2年生の頃とは違い、授業数や講座も増え、好きなことに費やす時間が減っていき、とても辛いです。ですが、必ず努力は報われます。また、受験が終わった後の日々は毎日幸せです。第一志望校合格を目指して頑張ってください。応援しています。

    保護者さまより

    どの塾を選ぶかは、とても重要で悩みます。合格実績も大事ですが、何より大事なのは、子どもに合っているかどうかです。これは実際に入ってみないとわからないので、体験授業に参加してみて、雰囲気を感じとることが大切です。息子の場合は、周囲の中学受験をした友だちやいとこが市進に通っていたこともあり、事前の情報から「市進に行きたい」と決めていました。それでも体験入塾し、実際の授業を受けてみて、やはりここだと決めました。
    得意教科は意欲的に学習できるのに、不得意な教科は後回しになりがちで、それは成績にもはっきりと表れていましたが、先生方の引き込まれるような授業を何度も受けていくうちに、苦手意識が無くなっていき、テストの点数にも効果が出てくるようになりました。それぞれの分野で素晴らしい先生方がいらっしゃり、熱意ある授業を行ってくださるので心強かったです。また、コロナ禍でもいち早くオンライン授業を取り入れてくださり、モチベーションを保ったまま学習を続けられたのも、先生方のお陰だと感謝しております。最終的な進路決めの際は、息子も悩んだようですが、授業以外の時間で話を聞いてくださり、アドバイスをしてくださるなど、精神面でもサポートしていただけました。家族は体調管理に気をつけ、本人が全力で取り組めるような環境を整えてあげることでサポートするしかありません。第一志望校合格の知らせを聞いた時は、涙が出るほど嬉しく、また同時に張り詰めていた緊張感から一気に解放されたような思いでした。
    喜んでいるのもつかの間、3年後の大学受験に向けて、引き続き市進学院でお世話になることに決め、新たにスタートしたばかりです。今後ともよろしくお願いいたします。

  • 続きを読む

  • 千葉県立東葛飾高

    専修大松戸高、芝浦工大柏高、土浦日大高

    Iさん

    勉強する時間と休憩する時間のオン・オフをはっきりさせる

  • 合格がわかった時、はじめはあまり実感が湧かなかったのですが、あとからとても嬉しくなってきました。達成感が大きく、今まで頑張ってきてよかったと思いました。最後の最後まで丁寧に教えていただき、ありがとうございました。

    私が市進に決めた理由は、いくつかの塾の体験授業を受けて、一番自分に合っている授業形態だったからです。ホワイトボードよりも黒板が好きだったこともあります。自分の志望校に強く、過去のデータも揃っている分、有利に勉強ができたと感じています。

    公立入試直前の「ファイナルゼミ」では、知識を可能な限り覚える授業もあり、大変でした。しかし、クラスに一体感のようなものができて嬉しかったです。

    高校入学後は、自由度の多い学校なので、自主・自律を意識して勉強と部活を両立させたいです。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    勉強する時間と休憩する時間のオン・オフをはっきりさせて、メリハリを持つと勉強に集中できるようになり、効率も上がるので意識してみてください。
    もっと最初の頃から、チェックテストの準備をしっかりしていればよかったです。

    保護者さまより

    通信教育では、自発的に勉強しなくなったため、市進に入塾を決めました。入塾が中3の6月と遅く、最初は本人もクラスメイトとの差や、塾の雰囲気に戸惑っていました。しかし、担当の先生から、お電話をいただき、親の不安や子どもの様子についてお話をしたところ、丁寧に回答をいただき、息子の学力差が埋まるよう、進度調整もしていただけました。折に触れ、子どもには叱咤激励すると同時に、保護者には安心感を与えていただきました。先生方も、コロナ禍での体調管理など、ご苦労もあったことと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
    子どもが家でのんびりしていると、ヤキモキして「大丈夫?」と声をかけてしまいがちですが、体調万全で市進のカリキュラムをこなせば、確実に力がつくと思います。夏期講習以降は忙しいので、学校見学の予約は、親が主導してもいいと思います。

  • 続きを読む

  • 都立日比谷高

     

    Kさん

    移動時間も映像コンテンツを利用し勉強時間をカバー

  • 合格がわかった時は素直に嬉しかったです。私は推薦での合格でした。市進での面接・作文対策が本当に素晴らしかったです。自己PRカードの指導からしてくださって、面接では、市進であらかじめ練習していた質問が7割くらい出て、答えやすかったです。ありがとうございました。

    塾を市進に決めたのは、兄が通っていたからです。市進に通っていて良かったことは、映像コンテンツが充実していることです。プレップをはじめとして、受験期には過去問解説が映像でされていたので、移動の時間も惜しい私にとって、とても助かりました。都立対策講座がオンライン講座で行われていたのも良かったです。オンラインでも、受けていて困ることがないレベルの授業をしてくれたのはありがたかったです。

    「推薦対策講座」では、全く知らない先生と面接練習をしました。話の中身を深めてくれるイベントだったのが素晴らしかったです。面接官側からの視点で、どう映るか、どこが気になるのかという話が聞けたこと、それぞれの話のテーマに応じて、先生からプラスアルファの情報を聞けたこと、そして、何回も面接練習ができることや、他の人の面接を聞くことで、良いイメージを描きながら、自信を持って面接に臨むことができました。とても緊張したけれど、本当に参加して良かったと感じました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    受験を楽しむことが一番だと思います。できないことにしぼるだけではなくて、「どうしたらできるようになるか」まで考えて勉強するのがオススメです。ゲームも考えて遊ぶと、より楽しくなるのと似ています。
    数学では、どうしてその解法が思いつかなかったのか、次に同じような問題が出たとき、どうしたら「初見」でも解けるのかまで考えると、効率よく、少ない勉強時間で済ませて、最大限好きなことができます。受験は精神を削ってまでやるものではないと思います。楽しんでできるといいですね。
    反省点は、暗記が嫌いすぎて、英単語・熟語の暗記をしっかりやらなかったことです。特に私立はこのことが厳しくなります。範囲が広すぎて厳しくなるので、嫌いでも暗記はコツコツ頑張りましょう。
    推薦を受ける方は、面接練習をする場があれば、できるだけ参加したほうが良いです。だんだんと慣れていきます。自分の将来設計や今の自分について、人に伝えるという数少ない機会です。苦しいとは思いますが、自分の中で考えがまとまった時には、面接だけではなく、自分の将来にも自信が持てるようにもなるので、ぜひ、諦めず頑張ってみてください。

  • 続きを読む

  • 都立日比谷高

     

    Sさん

    仲間の大切さを学ぶことができた高校受験

  • 都立の受験が終わった後、市進に行って再現答案を作った時、「いけるかも!」と先生に言われました。ドキドキしながら合格の掲示板を見に行くと、自分の番号があり、まずは「合格した!」という嬉しさがこみ上げてきました。担当の先生もずっと私の結果を待っていてくださり、無事に受かったということを伝えた時、本当に喜んでくださいました。この合格は私のことを最前線で支えてくださった先生がいたからこそ、掴み取れたものだと思います。ありがとうございました。

    父と母が、市進に通っていたので、自然と自分も市進に通うことになりました。仲間に恵まれ、先生に恵まれたからこそ、辛かった受験を乗り越えることができたと思います。先生方がずっと側で支えてくださったことが、安心感につながりました。また、質問しやすい雰囲気や先生の温かい応援、担当ではない先生でも、私の質問に親身になって対応してくれました。また、私は仲間の存在の大切さも学ぶことができました。

    「夏期講習」は、毎日のように授業があり、ゆっくりできない日々が続きました。しかし、そんな中でも先生方が合間に少し雑談をして場を和ませてくれました。また、一つのことに対して、細かく説明していただきました。講座によっては、他教室の人たちも何人か一緒に学べたことが印象に残っています。
    「冬期講習」は、穴を見つけることに重点をおいた授業が印象に残っています。
    「最難関国私立高校対策講座」は、本当にレベルが違いすぎて大変でした。特に英語と社会は大変でした。でも、それだけ自分はまだまだ精進していくべきだと毎回実感していました。英語では、単語の成り立ちから長文読解の技まで、本当に一生懸命教えていただきました。自分では答えられなかった分だけ、悔しさがありました。講座が実施された教室は、少し遠かったのですが、この講座を受講したことで、モチベーションが高まったと感じています。本当に受講してよかったです。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    私が唯一後悔していることは、インプットとアウトプットの学習比率を6:4ぐらいでしてしまったことです。
    本当はこの割合は3:7ぐらいが良いと思うので、どんどん問題を解いてほしいと思います。本当に色々な問題を今からでも良いので、たくさん解いてください。私はたくさん解いている人が成績も上がっていたことを見ているので、本当に問題を解いてほしいです。そして、仲間を大切にしてください。

  • 続きを読む

  • 都立広尾高

    東洋大京北高、郁文館高

    Oさん

    自分を信じてきて良かった!

  • 受験前には、志望校へ行きたい気持ちと、受かってやりたいという気持ちで頑張ったけれど、本番のテストの社会の自己採点で点数がひどかったので、落ちたと思っていました。だから、合格がわかった時はとてもびっくりしました。自分を信じてきて良かったです。先生方も親身になって話を聞いてくださり、ありがとうございました。

    市進は家から近かったので入会しました。正直、どの塾に入っても良かったけれど、家から近いからこそ知っている人がいたり、新しい友だちができて、お互いに高め合いながら勉強できて良かったです。また、先生方が、親身になって考えてくれるところが良いと思いました。

    「夏期講習」の「日帰り合宿」がとても印象に残っています。朝から塾に行き、夜に帰るのはとても大変でしたが、それがあったからこそ、長時間の勉強にも慣れることができたと思います。また、他の教室の人や同じ教室の人たちと勉強していく中で、高め合うことができたと思います。

    「公立高校合格突破講座」では、都立の問題形式にも慣れて、基本的なことも解説で理解することができたので、この講座を受けて、より解ける問題が増えました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    市川高、芝浦工大柏高、筑波大附属高

    Nさん

    自習室で、自然に毎日勉強する習慣を身につけた

  • 市進の先生に当日、再現答案を採点していただき見当はついていたので、合格がわかったときは嬉しいというよりも、ほっとしました。余裕を持って合格できたのは市進の先生とカリキュラムのおかげです。ありがとうございました。

    私が塾を市進に決めた理由は主に2つあります。1つは家から近かったからです。部活があっても、通うのが負担にならなかったので良かったと思います。2つ目は合格実績です。市進は毎年コンスタントに県立トップ校や難関国私立校に合格者を出していたので、市進を選びました。

    「夏期講習」では、授業の前後に自習室で勉強する日課のようなものが自分の中にできあがっていたので、毎日自然に勉強する流れができました。
    「過去問映像」は、市川を始めとする難関私立の対策をどうするかを考えた時に、わかりやすく解説されているので、この授業には非常に助けられました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    皆さんの中には公立に合格したら終わりと考えている人がいるかもしれませんが、それは違います。勝負はむしろ高校に入ってからです。高校に入ってからも上位でいたいと考えたら、難関国私立を目指して勉強することをおすすめします。
    私は難関国私立を目指していましたが、今振り返るとやり直したいことがたくさんあります。私はそんな思いを後輩の皆さんにしてほしくないのでアドバイスします。
    たくさん勉強してください。特に英語と数学です。プレップを繰り返し解き直してください。そうすれば難関校の合格につながると思います。頑張って!

    保護者さまより

    塾のクラスで一緒に勉強した友だちと、励ましあいながら良いライバルになれていたようです。
    やはり、同じ教室で過ごすことの良さがあったと思います。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    芝浦工大柏高

    Hさん

    市進での思い出は、仲間と楽しく勉強できたこと

  • 合格がわかったときはとても安心しました。点数もギリギリだと思っていたので、ヒヤヒヤでした。市進の先生方には、直前期に個別の課題を出していただくなど、お世話になりました。とても感謝しています。

    塾を市進に決めた理由は、近かったのと親の勧めがあったからです。市進に通って良かったことは、質問が良くできたことです。質問を多くできたことで、自分の苦手なところを克服できました。

    「夏期講習」はひたすら勉強して、大変だったという印象が残っています。しかし、その時期があったからこそ、今回の合格があったと思っています。
    「プレップ」の英語を取り組んだことによって、とても成績が伸びたことが印象に残っています。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    市進の仲間と楽しく勉強できたことが思い出です。
    国語は早めからやりましょう。後々大変なことになります(自分はなりました)。あとは結果に一喜一憂しないこと。
    自分の目標としている大学に行けるように、学校生活も充実させながら勉強を頑張ります。

    保護者さまより

    部活との両立のため家から近いことと、上位校輩出者が多いことから、市進に決めました。
    勉強の取り組み方、弱点のつぶし方、解くための考え方を主にアドバイスし、模試でうまくいかなかった場合でも、前回より伸びたところの評価、できなかったところの復習をアドバイスする等、後ろ向きにならないよう、いかに向上して行くかの道筋を考えていました。
    本命は公立だったため、県立合格時は、これまでの本人の頑張りが合格という形となり、大変うれしかったです。
    本人がどうすれば継続してやる気を持続させることができるか、目標に近づかせることができるか、だと思います。目標を立てさせ、それを日々の計画でこなして行く、ダメな時はしょうがないので気分転換をさせるなど、ONとOFFをうまく切り替えると良いと思います。特に目標と計画は、後に自立して行動することに不可欠なので、小さいことからでもやる方が良いと思います。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    日大習志野高

    Iさん

    家に帰る電車の中で単語帳を使って暗記したり、家に帰ってからも復習を重ねた

  • 合格がわかった時は、とにかく嬉しかったです。夜遅くまで机にかじりついて勉強したこと、1日中塾で勉強し続けたこと、色んなことを思い出して、思わず泣いてしまいました。合格することができたのは、支えてくれた家族、学校の先生、そして何より最後の最後まで力を与えてくれた市進の先生方のおかげです。授業以外にも質問に答えてくださったり、私に必要なプリントをくださったり、たくさんお世話になりました。

    私が市進に決めた理由は、友だちのお兄さんが通っていたことと、冬期講習のキャンペーン中だったからです。中学に進学するにあたり、小6の冬に塾を探していたので、この機会にと思い、入塾しました。先生方の授業は面白く、欠席したときも別に時間をとって勉強を見てもらえたので、とても楽しく勉強を続けることができました。また、定期テスト前の学校別高得点道場のおかげで、常に15位以内を保ち続けることができました。本当に感謝しています。

    市進で一番印象に残っているのは、中3の「夏期講習」です。私は中3の夏から教室とクラスを変更したため、周りの子についていくのに必死でした。今までとは全く違う雰囲気の中で、連日朝から夜まで勉強したことで、多くの刺激を受けたように思います。家に帰る電車の中で、単語帳を使って暗記したり、家に帰ってから復習をしたりするようになり、受験生としてかなり成長できた期間でした。
    「年末年始特訓」では、同じ志望校の人たちと集まって授業を受けられたことは、本当に貴重な体験でした。普段とは違う教室で普段とは違う人たちと、普段とは違う先生の授業を受ける。全てが新鮮で大変だったけれど、楽しかったです。年末年始は特に誘惑が多い時期でしたが、1日中塾にいたことでしっかり勉強することができました。また、勇気を出して手を挙げ、発表できたときは本当に嬉しく、大きな自信を得ることができました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    私は夏期講習が終わり、秋になると、だんだんと勉強へのモチベーションが下がってきてしまいました。その後も何度かモチベーションが上がったり、下がったりを繰り返し、勉強に集中できなかったことも多くありました。勉強に集中できない自分が嫌になって、一人で悩んでしまったこともあります。過去問を解きはじめて、過去問ノートを提出するようになってから、市進の先生とのコミュニケーションをとる機会が増え、たくさん相談するようになりました。すると、少しずつ気持ちも落ち着いてきて、自分のペースで勉強にも集中できるようになりました。今思うと、もっとはやく先生に相談していればよかったと思います。だから、これから受験生となる皆さんには、たくさん市進の先生方とコミュニケーションをとることをおすすめします!どんなに小さな質問や悩みでも、市進の先生方は真剣に向き合って話を聞いてくれます。そして、一人ひとりに合った解決法も一緒に考えてくれます。だから、先生方とたくさんコミュニケーションをとってください!
    もう一つは、内申点についてです。本当に内申点は大事です。5教科(国数英理社)が大事なのはよく聞くと思いますが、実技系の教科も絶対に疎かにしないでください!私は公立高校受験のとき、本当に内申点に助けられました。学校の定期テストに向けた勉強はもちろん大切ですが、授業態度等もぜひ気をつけてみてください!
    最後の最後まで、実力は伸びます。本当です。自分を信じて、志望校を目指して頑張ってください。応援しています。

    保護者さまより

    3年間市進に通う中で、たくさんの先生方にお世話になりました。初めての受験、コロナ禍で学校説明会も中止やオンライン開催になる等、制限が多く、なかなか志望校も決まりませんでした。そんな時、いつも市進の先生方が親身に相談にのってくださり、たくさんのアドバイスをしていただき、とても心強かったです。
    2学期後半、志望校が決定すると「合格する!」という目標に向け、塾での授業のほかに、持ち帰った課題等を日々遅い時間まで、黙々とこなしていました。勉強に関しては全面的に市進の先生方にお任せしていたので、家では健康管理と、リラックスして過ごせる雰囲気作りを心がけました。そして、受験当日。親も子も朝から緊張していましたが、いつも通り笑顔で子どもを送り出しました。合格発表の日。自分の受験番号を見つけ、満面の笑顔で喜んでいた娘。3年間の努力が実った瞬間でした。
    市進で、先生方のご指導のもと、3年間頑張ってきたことは、本人にとって、大きな自信につながったことと思います。皆さんも志望校合格を目指して頑張ってください。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    市川高、昭和秀英高、芝浦工大柏高

    Sさん

    友人や先生のおかげで、楽しく受験勉強をすることができた

  • 合格がわかった時はとても嬉しかったです。再現答案の採点はしてもらっていたのですが、それでも不安だったのでほっとしました。市進の先生にはたくさん支えていただきました。勉強の仕方がわからなかったときや、解けない問題があったときなどに相談に乗っていただき、とても助かりました。

    姉が市進に通っていて、志望校へ合格していたので、自分も通うことに決めました。同じ教室の人たちと一緒に勉強できたので頑張ろうと思えましたし、先生が一人ひとり話を聞くなどして、寄り添ってくれたことで、自分の成長につながったと思います。

    「季節講習」では、いつもと違う教室の人たちと勉強をする機会があり、たくさんの刺激を受けることができました。先生が違うことで、いつもと違うアプローチで教われたことが印象に残っています。
    「年末年始特訓」では、普段と違う教室に行くので不安もありましたが、自分と同じくらいの学力の人と一緒に勉強できたことが印象に残っています。ためになる授業をしてもらい感謝しています。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    これからの大学受験に向けて、高校受験という一歩を踏み出せたので、3年後のために今から頑張りたいと思っています。高校受験で理科と社会の勉強を最初のうちはあまりしていなかったので、後で少し大変な思いをしました。初めから基礎を固めておけるとよかったと思います。友人と勉強したり、先生からいろいろなことを教えていただいたり、とてもいい受験勉強をすることができました。
    後輩の皆さんは、わからないことをきちんと市進の先生に聞いて、解決し、成長して欲しいと思います。

    保護者さまより

    入塾したのは、中2の3月でした。その際のクラス分けで先生に背中を押していただき、少し背伸びをして公立難関校クラスに入りましたが、そのことが結果的によかったと感謝しております。入塾後は、塾の先取り学習に加え、学校の授業や定期テスト、1学期は部活、2学期は私立対策の勉強や過去問と、休む間のない日々が続きました。体力的にも厳しいと思うこともありましたが、良い友人に恵まれ、支え合い、高めあっている様子がうかがえ、本人も前向きに取り組み、それが1年間続きました。時間に追われながらも、毎日塾の課題をこなすことを第一に過ごしましたが、そのおかげで秋になって成績が上向きになったのには驚きました。そのままの調子で入試本番を迎え、当日は当然緊張したと思われますが、先生のアドバイスを守り、落ち着いて受験できたようです。市進で友人と先生に恵まれ、第一志望に合格することができました。目標に向かって努力し、願いをかなえるというかけがえのない経験は、これからの高校生活にもきっと役立つことだと思います。今までのご指導ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    芝浦工大柏高、江戸川取手高、流経大柏高

    Fさん

    書き出した『自己留意点』で、入試本番のミスを最小限に抑えた

  • 公立入試を終え、再現答案の採点結果を知らされたとき、先生に「ボーダー付近で合否は微妙」と言われ、自信はありませんでした。合格が分かったとき、今まで泣いて悩んでいたことがすべて吹き飛んでしまうくらい、とても嬉しかったです。質問したときは丁寧に教えてくれて、模試で判定が悪く落ち込んだときは励ましてくれて、優しく背中を押してくださった先生方にはとても感謝しています。

    公立高校が第一志望だったので、公立に強い市進に決めました。
    一日一日が濃く、充実していた「夏期講習」が印象に残っています。私は吹奏楽部で、8月上旬まではコンクールの練習が午前中ほぼ毎日ありました。そのため、普段と時間が異なる夏期講習は、部活がある期間の両立がとても大変でした。周りの人が引退し、受験モードに切り替えているのを見て、焦りを感じました。しかし、勉強量が足りないとき、優先順位をつけて質を上げる勉強ができました。

    高校では、周りのレベルが自分より上なので、そこに少しでも追いつけるように、毎日コツコツと勉強をしていきたいです。また、部活・学校行事と勉強との両立を図り、メリハリをつけて高校生活を送りたいです。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    私は、入試が近づくにつれ、模試の成績が下がり、公立入試2週間前に実施したVもぎでも志望校判定がD判定、県立の過去問でも点数がなかなか伸びず、志望校を変更すべきかとても迷いました。しかし、先生が励ましてくださったおかげで、2週間、本気で勉強し、船橋高校理数科に合格することができました。入試が始まるまで、点数はまだまだ伸ばすことができるので諦めず、粘り強く取り組むべきだと思います!

    先生に勧められて、「自己留意点」を各教科それぞれ書き出しました。テストや模試の過去問を解いていると、自分のしやすいミスがはっきりしてくると思います。今ミスしてしまったら、本番はとても緊張しているので同じ間違いをしてしまうかもしれません。事前にしっかり書き出し、読んで「ここは気をつける!」と意識して取り組むことでミスを防ぐことができます。私は実際に入試で自己留意点を読んで臨んだので、ミスを最小限に抑えることができました。だから、今の時期から少しずつ書き留めて、作成していくべきです。

    保護者さまより

    なかなか成績は安定せず、気持ちが不安定なときも根気強く励まし、最後まで支えていただいたこと、とても感謝しております。ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    成田高、江戸川取手高

    Sさん

    入試直前に教えてもらった問題が本番に出題された

  • 自己採点のとき、合格かどうかわからないような点数だったので、受かったとわかった時はとても嬉しかったです。入試直前に出そうな問題を教えてもらい、それが本番に出たことで今回の合格にもつながったと思います。ありがとうございました。

    塾を市進に決めた理由は、兄も通っていたことと合格実績からです。市進はしっかりと課題を出してくれたり、一人ひとりの弱点に合わせた問題を、先生が個別で出してくれたりする点がよかったです。

    中学3年生の講習では、何日間か朝から晩まで勉強したことが印象に残っています。他の教室の子がいたおかげで、さまざまな刺激を受けることができました。
    「年末年始特訓」では、他の教室の先生の授業を受けることができ、とてもおもしろかったです。同じ高校を目指す人と授業を受けることで、自分がどのくらいの位置にいるのかがわかりました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    1・2年から市進の宿題はしっかりやっておいたほうが良いです。

    保護者さまより

    兄が市進に通っていて、先生方がよく指導してくれたので、本人も市進に通わせることにしました。特に理系の先生は、授業はもちろんですが、勉強方法なども親身になって指導してくださり、大変ありがたかったです。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    日大習志野高、専修大松戸高、八千代松陰高

    Aさん

    3年の夏休みからという意識は持たないように

  • 同じクラスだった友だちと一緒に合否発表を見に行ってしまい、私は合格しましたが、友だちが違う結果となったため、当時は全く喜べなかったのです。しかし、親や他の友だちに合格したことを伝えていくうちに、徐々に半年間頑張った成果が出たことを実感し、最終的に叫びたいくらい嬉しい気持ちになりました。市進に入った時は実力がとても劣っていたので、合格できる実力まで上げてくれた先生には感謝しかありません。

    私が市進へ通うことに決めたのは、市進の最難関高校への進学率が、他の塾よりも高いことなどが一目でわかったこと、主な講師が大学生でなかったこと、個人塾でなく集団形式であったこと、多くの人から勧められたことが理由です。市進に通っていて、使用する問題集などが志望校の入試問題のレベルに合っていたことが、良かったと感じました。

    私は3年生の「夏期講習」から入塾しました。それまでは、教科書レベルでもあやふやな部分が多かったため、入塾して授業を受けていくうちに、私の実力がクラスの人たちよりも大変劣っていたことに気づいたのが、とても印象に残っています。特に私立高校レベルの英語の文法や熟語は全く知らなかったので、「夏期講習」中に頭の中につめこまれた知識の量は相当なものでした。

    11月の授業で2020年度の千葉県公立高校の過去問を解きました。それが初めての過去問だったのですが、あまりにもできが悪かったのでを覚えています。しかし、市進独自の判定がB(合格可能性60~80%)だったので、不思議な気持ちになったのが印象に残っています。当時はその判定よりも過去問の点数の方が心に残ったので、反省してもっと頑張ろうという気持ちになりました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    受験対策期間が、3年生の夏休みからという意識は絶対に持たないようにしましょう!
    もちろん、部活動などもあって3年生の1学期まではなかなか勉強に手をつけられないという気持ちもわかりますが、3年生の1学期までには計画的に知識面の復習を始めるべきです。私は3年生の夏休みから急発進したため、知識面が周りよりもものすごく劣っていました。そのため、思考力を向上させる学習に入るまでに時間がかかり、苦戦したのです。
    最近の入試の出題傾向では、思考力がより一層問われるようになったため、知識面を早い段階から徹底的に仕上げるべきだと思います。
    私は9月からV模擬を受け始め、最初は400点に届かずD判定スタートでした。
    とても悔しかったのですが、同時に本気で受験対策をしようというきっかけにもなりました。志望校合格へのまっすぐな道のりはなにかと、日々考えながら努力してきたことが、ボーダーラインに近い位置からの、合格につながったのではないかと考えます。
    市進の授業の中で、発表する問題の答えが間違っていた時がとにかく悔しかったのです。今では、この悔しさが二度とその問題で間違えないことにつながっていたと分かり、この悔しさはかなり大切なことだと感じています。もちろん志望校合格が受験対策期間中の目標でしたが、合格後は、この高校の合格が最終目標ではなかったとも思うようにしています。私は、学習面と部活動面がとても充実している高校に入学したかったのです。その高校に合格できた後、自分の中で新たな目標をたてました。学習面では東京大学レベル、部活動面では日本一を目指して、日々努力していこうと思います。

    保護者さまより

    ≪市進に決めた理由≫
    1.合格するために何をすればいいかを、具体的に教えてくれる先生が期待できたこと。
    2.本人の志望校への合格者をこれまでに多く出していたこと。
    3.個別指導形式ではなく、少人数形式であったこと。
    4.ビデオやオンラインではなく、対面の授業形式であったこと。
    5.家から自転車で通える距離に教室があったこと。
    6.料金が明瞭であったこと、などです。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    成田高、市原中央高

    Cさん

    自ら進んで考えながら学習できるようになった

  • 合格が分かった時は、とてもうれしかったですが、驚きもありました。受かったという実感があまり湧かず、信じられませんでした。でも、とにかく嬉しかったです。市進の先生には、とても感謝しています。1年という短い間だったけれど、市進に通うことがなければ、いくら努力しても合格できていなかったと思います。本当にありがとうございました。

    市進に通うことを決めた理由は、市進は「めんどうみ合格主義」とある通り、他の塾と比べて、生徒に対する先生からの思いが違うと思ったからです。市進に通っていて良かったことは、最後まで先生が支えてくれたことです。僕は本番が近づいていると感じるまで、「合格したい」という思いがあまり持てなかったり、直前には不安になったり、成績が伸び悩んだりしました。しかし、先生はいつでも前向きに、力強く僕を支えてくれました。

    「季節講習」では、毎回自分の学力が上がっていることを実感できました。いつも通っている教室ではない大きい教室で、長時間勉強した時は大変だったけれど、他の教室からたくさん人が集まっていたので、自分のモチベーションのアップにもつながりました。「季節講習」は大変だったけれど、自分の努力が実力アップにつながっていることを実感できて、とても良かったです。

    僕は「年末年始特訓」が特に印象に残っています。それは、長時間で大変だったけれど、自分の実力アップ、本番での得点アップにつながったと思うからです。理系では、先生が理科を集中して教えてくれて、あいまいだったところも、自信が持てるようになりました。

    保護者さまより

    自宅学習での限界を感じ、中2の春期講習より本人が通塾を希望したため、いくつかの塾を見学後、先生の「まず体験授業に参加を…」というアドバイスをいただき、体験授業に参加しました。比較的少人数のクラスだったことと、同じ学校の友人も通っていたことで本人が市進に決めました。最初は日々の学習習慣に慣れることに精一杯でしたが、努力したことが成績UPにつながってくると、自ら進んで考えながら学習できるようになりました。
    受験本番前までは成績が思うように結果として出ないこともありましたが、先生方の「まだあきらめないで大丈夫!!」という言葉を信じ、最後まで目標を高くやり抜きました。
    受験勉強で大切なのは、先生方もおっしゃっていましたが、生活習慣を乱さず本番でも冷静に過ごせるようにすることだと思いました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    専修大松戸高

    Iさん

    わからないところがあっても、わかるまで何度も聞きに行った

  • 本番は落ち着いて、いつも通り問題を解くことはできましたが、模試の判定ではあまり良い判定が出たことはなかったので、自分の番号を見つけた時は、とても嬉しかったです。先生方には勉強面だけではなく、精神面でもいつも支えてくださり、本当に感謝しています。最後まで応援してくださり、ありがとうございました。

    私が市進へ通うことを決めたのは、体験授業を受けた時に、授業が明るい雰囲気で、市進なら継続して通うことができると思ったからです。また、授業の時間帯や授業数の面から見ても、部活と両立できると思ったからです。市進で良かったことは先生方がフレンドリーで話しかけやすく、勉強していて分からないところがあっても、分かるまで何度も聞きに行けたことです。

    「夏期講習」の時に初めて1日に何時間も勉強漬けになり、体力的にも精神的にも辛かったのが1番印象に残っています。さらに8月中旬の「日帰り合宿」で私立の過去問を初めて解いたため、とても疲れました。その代わりに問題を解くスピードが速くなったり、難しい問題が出ても、めげずに向き合う忍耐力がつきました。当時は辛かったものの、今となっては、あの講習を受けて本当に良かったと思っています。
    また、「プレップ(難関高対策講座)」で初めて同じ高校を志望する人に会い、問題を解くスピードや頭の良さに圧倒されました。しかし、それと同時に、この人たちに負けたくないと思い、勉強により一層精を出すきっかけになりました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    私は1年生の頃、どこの塾にも入っていなかったため、学校の定期テストの期間は勉強もせず、部活もない幸せな時間になっていました。しかし、受験期になってから、特に理科・社会で暗記していないものが多く、苦労しました。入試は1~3年生で習ったこと全ては範囲なので、1年生から真面目に勉強に取り組みましょう!
    模試は点数が全てじゃないので、結果が良くなくても落ち込まずに、冷静に間違えた理由を分析して、次に同じミスをしないようにすることが大切だと思います。解き直しを大切にしてください。

    保護者さまより

    入塾は娘が中2からと自分で決め、幾つかの体験授業の中から、部活と両立できそうな市進に決めました。入塾直後、緊急事態宣言で休校になった時は、不安もありましたが市進でオンライン授業があったので本当に良かったと思いました。
    部活との両立で大変な時期もありましたが、自習室を活用し、入試直前は先生方に支えていただき、娘も最後の最後まで頑張り続けることができたと思います。
    受験期にコロナの感染が拡大し心配もありましたが、どうにか結果を出すことができたのは先生方のおかげです。ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    専修大松戸高、芝浦工大柏高、八千代松陰高

    Tさん

    1年・2年の内申点で後悔しないように過ごそう

  • 合格がわかった時は、とても嬉しくて、思わず声を出してしまいました。1年生から市進に入って勉強していて、本当に良かったと思いました。市進学院で多くの先生と出会い、様々なことを教えていただきました。目標とする高校に合格できたのは、先生方のおかげです。今まで本当にありがとうございました。

    近くに塾が少なく、個別指導の塾が多い中で、市進は集団で指導を行っていました。私には、個別指導よりも集団指導の方が合っていたため、塾を市進に決めました。市進に通っていて、様々なことにチャレンジするようになりました。受かる可能性の高くないチャレンジ校を受けることで、そうした精神が身についたのだと思います。

    市進の季節講習は、とても内容が充実しています。その中でも私が驚いたのが、「夏の日帰り合宿」と「年末年始特訓」です。この二つは、どちらも弁当を持って行って、1日中勉強するというものです。他の教室からも生徒が来たり、他の教室に行ったりするので、いつもと違う雰囲気の中で勉強することができました。「年末年始特訓」では、同じ高校を目指している人が多く集まるので、いつもよりやる気が出ました。

    私がおすすめしたいのは「過去問映像授業」です。私立高校に合格するためには、過去問を解かなければなりません。しかし、過去問の丸つけをしていて、答えを見てもわからない問題が出てくるでしょう。そんな時に、過去問映像があれば、それを解決できます。それでもわからなければ、市進の先生に質問するということもできます。さらに、過去問の解説だけでなく、その高校に合わせて、問題の傾向や対策など、様々な情報を得ることができます。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    受験には、内申点というものがあります。1・2年生のときの内申点は3年生になってから後悔しても遅いのです。
    3年生でどれだけ頑張っても、これだけはどうにもなりません。後悔しないように、学校生活でも気を抜きすぎないで楽しみましょう。

    保護者さまより

    息子は自分のぺースで勉強を進めるよりも、集団の中で成長していく子だと思い、市進学院を勧めたところ、本人も希望したので入会しました。
    中1は学校の勉強についていけるようにと考えていましたが、中2・中3になるにつれ、受験に向けての勉強という雰囲気になっていきました。
    市進学院は受験に関する分析、資料、情報発信が素晴らしいです。特に春頃のオンライン配信された高校別説明会で、合格しやすい得点パターンや高1生のインタビュー、高校の特色などを知ることができました。配布された資料「今春の受験状況」では、昨年の受験生がどんな高校を受験したのかを知ることができ、受験を具体的にイメージできました。
    以前は、息子の進路について自分の尺度で考えてしまうようなところがありました。難関高のチャレンジ受験を勧められたとき、受験日過密スケジュールや不合格時の精神的ダメージを心配していましたが、先生から「お子さまの可能性を狭めず信じましょう」と言われました。最終的に、息子が自分でチャレンジ受験も決め、最後までやりきることができ、第一志望校に合格できて、本当に良かったです。ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    市川高、八千代松陰高

    Nさん

    最初はわからない問題も、くじけずに頑張れば必ずわかるようになる!

  • 僕が合格した時は、今まで努力して良かったという気持ちや、市進の先生方に恩返しをすることができて良かった、という気持ちになりました。市進に入っていなければ、僕は数学の応用問題や、その他の教科の難度の高い問題が解けなかったと思います。わかりやすく教えてくれて、授業後も真剣に相談に乗ってくれた先生方に感謝したいです。ありがとうございました。

    僕が市進に通うことになったのは、家から近く、また学校の友人が市進に通っていて、招待してくれたからです。市進は授業の質が高く、わかりやすかったです。学校では教わらないような知識をたくさん教えてくれたので、難関校の難度が高い問題も解けるようになりました。

    「夏期講習」の「日帰り合宿」はとても長く、授業が終わる頃にはいつも頭が疲れていました。しかし、他の教室の生徒と同じ教室で勉強することで、競争心が刺激され、学力の向上につながりました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    志望校・受験校の決定は早めにしたほうが良いと思います。僕は船橋高校・市川高校のほかに、渋谷幕張高校と開成高校を受験しました。しかし、この二つの高校の受験を決定したのは3年の秋から冬にかけての頃でした。結果はどちらも不合格でした。志望校の対策を始めるのが遅すぎると、本番で失敗してしまいます。僕は数学で失敗してしまいました。
    早い段階から経験を積んでおくと、本番でも冷静に対処することができます。3年の夏までには、志望校を決定し、対策を始めることをおすすめします。
    しかし、こんな僕でも公立のトップ校には合格することができました。これは市進のおかげだと思っています。市進の授業は質が高いですし、特に公立高校に関しては優れていると思います。
    市進の教材は難しいです。僕も最初は全くわからず、周囲と比較して劣等感を感じていました。しかし、くじけずに頑張れば必ずわかるようになります。そして、勉強が楽しくなり、授業が面白くなります。
    受験は厳しいですが、その中で僕は楽しさを見つけて頑張ってきました。皆さんも楽しみながら勉強を頑張ってください。船高で待っています。
    最後に、僕を指導してくれた先生、教室の皆さま、1年間本当にありがとうございました。

    保護者さまより

    1年間、大変お世話になりました。本当にありがとうございました。塾に入るのも、全て息子の意見を尊重して市進学院に決めました。本当に楽しんでいるように感じました。難関の高校に不合格だった時は、息子もとても落ち込んでいましたが、先生方の励ましで次に向かって頑張れたようです。県立船橋高に合格した時は、絶対に合格するとは思っていましたが、やはり結果を見るまでは不安でしたので、嬉しかったと同時に息子がとても立派に感じました。入院した時期もあり、大変でしたが、本当に先生方には良くしていただいて、感謝しています。ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立船橋高

    市川高

    Kさん

    市進での経験は将来や高校へ向けての学力向上にもつながると思う

  • 市川高校に合格した時は、素直に嬉しかったです。独学では難しい、難関公立高校の対策は市進だからこそできたことであり、とても感謝しています。また、その経験は将来や高校へ向けての学力向上にもつながると思っています。県立高校に合格した時は、安心の気持ちの方が強かったです。もともと勉強を積極的に行うタイプではなかったので、多くの勉強量がミスを減らすということを教えていただき、とても感謝しています。

    自分の姉と弟が市進に通っていたので、僕も市進に通うことに決めました。僕は、家では勉強できないタイプだったので、自習室や授業で勉強の習慣が身につき、通っていて良かったと思いました。また、他に市進の良い点は先生がプロ中のプロであることです。真剣なサポートや学校に対しての専門的な知識、対策、勉強法や豊富な教材を与えてくれたことが良かったです。

    「日帰り合宿」はとてもきつかったけれど、夏にたくさんの量をこなし、基礎を固めることができた良い機会でした。夏の基礎がその後の学習に生かされました。学習の底上げができたと思います。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    3年の春の最後までには私立の志望校を決めたほうが良いと思います。(特に難関高)
    なぜなら、私立は学校ごとの特色が強く、過去のテストを解くことの必要性や重要度が高いからです。
    また、難しい私立は覚えることの量が圧倒的に多いです。
    上記のことより、時間が多く必要になってくるので、志望校は早く決めたほうが良いです。

    保護者さまより

    市進学院を選んだ理由は、1学年上の姉が市進学院に通っており、市進学院はいくつかある塾の中で、学習意欲のある人にとって適した塾であると感じたからです。
    その後の伸びしろを客観的に分析して、その人に適した志望校をアドバイスをしてくれると感じました。
    これから受験を控える方へ。子どもから意見やアドバイスを求められたとき以外は勉強に口出ししないこと、子どもの意志を尊重し、それを家族で共有するのがベストだと思います。
    高校受験は子どもにとって人生初めての試練になり、特別な扱いをしがちですが、子どもがリラックスできるためには、家族と同じ時間を共有し、日常を維持することが大切だと思います。親が子どものために協力できるのは、勉強に専念できるよう、円満な家庭環境作りを心がけることも、大切なことの一つであると思いました。

  • 続きを読む

  • 千葉県船橋東高

    流経大柏高

    Kさん

    勉強したくない日こそ、友だちと楽しむ感覚で塾へ行った

  • 今年は例年に比べて難易度が高く、テストが終わった直後は落ちたと思った分、受かった時はとても嬉しかったです。夏休みから本格的に始めた受験勉強の成果が、目に見える形で現れて達成感がものすごくありました。いつも親身に向き合ってくれて、高校受験よりも先を見据えた授業が多かったので、常に将来のことを考えながら勉強ができました。また、授業はいつも楽しかったです。ありがとうございました。

    元々別の塾に通っていましたが、自分には方針が合わないと思い、自分で勉強をすることにしました。しかし、一人での勉強に限界を感じ、塾に入ろうと考え調べた結果、自分に一番合っていたのが市進でした。
    1クラスの人数が少ないため、質問にすぐに応じてもらえたことや、膨大な量の課題などが全くなく、自分に合ったペースで勉強を進められたことがよかったです。

    講習の期間は学校の勉強の先取りができ、通常の授業より勉強のやる気が出ました。最初は長くて疲れたけれど、後になると慣れてきて、勉強習慣がつきました。
    夏の「集中特訓」では、難関公立高受験コースで授業を受けました。周りが自分よりもできる人が多い環境だったので、自分を高められると同時に、自分の知らない世界を知ることができました。この日をきっかけに、勉強習慣がつきました。

    夏休みがとても辛かったです(笑)。勉強したくない日は友だちと楽しむ感覚で塾に行っていて、気付いたら受験が終わっていました。常に友だちと教え合えたこともよかったです。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    コロナ禍なので、いつ何があってもいいように、常に先を考えながら動きましょう。早いうちからゴールを決めておきましょう!

    保護者さまより

    一度他塾をやめている子どもが悩んでいたときに、当時の教室責任者の先生に相談したら、全て受け入れていただき、助けてもらいました。子どもに対して押しつける感じがなく、伸び伸びとした塾の雰囲気が娘にとてもよく合っていました。
    子どもを支える際には、常に子どもの心に寄り添い、子どもの意思をいつも尊重し、全て本人に決断をさせてきました。自分自身の進路なので、意思決定は自分自身で、と思いました。
    市進の先生方には、3年間大変お世話になりました。ありがとうございました。

  • 続きを読む

  • 明大中野高

     

    Kさん

    仲間と一緒に学ぶことで多くのことが得られた

  • 自分にとっては初めての受験で、学校のテストや模試ではきびしい結果が出ていたものの、周りの支えのおかげでここまで来ることができました。大学受験もまた頑張りたいと思っています。

    距離的に通いやすいので市進に通い始めました。授業がものすごく大変というわけではなく、また集団で授業を受けられるのが、市進の良いところです。個別でやるよりも、仲間と一緒に学んだ方が多くのものを得られると思いました。

    受験の大変さは一年中感じていましたが、特に「夏期講習」や「冬期講習」が印象的で、暑さや寒さで体を壊さないか体に気を使っていたので、いつも以上に大変でした。

  • 続きを読む

  • 都立紅葉川高

    正則高

    Hさん

    苦手な教科も頑張って得意教科に!

  • 苦手な教科も頑張って得意教科に!」
    先生から第一志望に受かる確率は五分五分だと言われ、志望校を下げました。とはいえ、合格したときはやはり嬉しかったです。先生方の応援で勉強を頑張れました。本当にありがとうございました。

    塾を市進に決めた理由は先生と話しやすかったからです。中学1年生の春から通い始めました。私は勉強が苦手で、1年生の頃は偏差値30台という教科もありましたが、3年生になる頃には、強化によっては偏差値60台をとれるようになり、しっかり結果を出せました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    内申点が本当に大事だと思いました。「もっと早い時期から頑張っていれば推薦合格を狙えたのに」と思っています。学校の定期テストは本当に大切なので頑張ってほしいです。また、歴史は年号をしっかり覚えてください。私は歴史が本当に苦手でしたが、先生が作ってくれた年号表を頑張って覚えたことで、歴史が得意教科になりました。

  • 続きを読む

  • 千葉県立薬園台高

    成田高(特進α)、専修大松戸高(A類)

    Rさん

    どんなにきついときも、それ以上に強かった『合格したい』気持ち

  • 私立の合格がわかった時、まずは一安心といった気持ちでした。また、市進でやっていた数学の応用問題が出題されたときは、とても嬉しかったです。公立の合格発表までは、受験から2週間もあり、とても落ち着かなかったです。高校まで行って自分の番号を見つけた時は、今までで一番嬉しかったです。いつも丁寧に授業をしてくださった先生方の顔が浮かびました。僕をここまで引っ張ってくださり、ありがとうございました。

    市進に入ろうと思ったきっかけは、この地域の他の塾よりも、圧倒的に合格実績が良かったからです。やはり実績があるところが一番信頼できます。特に市進は、集団授業であっても一人ひとりに手厚いサポートをしてくれます。自分の弱点分野を先生方が分析して、何をしたらよいのかを教えてくれるのがとても良いシステムだと思います。

    中学3年生の「夏期講習」は、とてもハードなタイムスケジュールだったことを良く覚えています。しかし、あのハードさを乗り越えたからこそ、今、自分が合格できているのだと思います。夏期講習だけで大量のテキストが配付されるので、あの量をすべてこなしたら、かなり力がつくと思います。
    「冬期講習」では、数学にとても力を入れて勉強していたのを思い出します。それぞれの講習はとても有意義なものでした。
    「年末年始特訓」では、年末年始の塾の休みが3日しかないという、今までで一番塾に通った時期だったと思います。そして、朝から夜まで8時間以上入試に向けて勉強していました。きついと言えばきつかったですが、それ以上に合格したい気持ちの方が大きかったので、必死になって勉強しました。そのときのVもぎの判定はDでしたが、そんなものは気にせずにひたすら勉強していました。

    これから受験に挑む後輩たちへアドバイス

    まず、古い年度で良いので、なるべく早くから公立の過去問は少しずつ解いておいた方が良いと思います。問題傾向を十分に理解して、自分はどの分野が苦手なのかを先に理解しておくべきだと思います。そして、数学は普段からある程度習慣づけて勉強することで、力がつくと思います。
    私の場合は、私立の数学の勉強を12月から本格的に始めましたが、それでは遅かったと思います。やはり、もっと前から計画的に勉強を進めておくことが重要だと痛感しました。
    だから、これから受験勉強を始める皆さんは、とにかく先に計画を立てて勉強してください。

    保護者さまより

    当初は、他の塾に通っていましたが、閉校のため駅から近い市進に決めました。車の運転が不得意のため、バスの送迎または駅近が絶対条件でした。
    市進は前の塾よりレベルが高く、ついていくのが大変で、部活も学校で一番練習時間が長く、睡眠時間も短くなり塾を辞めようと思った時期もありました。しかし、辛い時期を乗り越えたからこそ、希望の高校に合格できた喜びはひとしおでした。
    レベルが高いお子さんたちの中で、切磋琢磨できる環境も結果的に良かったと思います。また、市進の先生方の熱意が子どもの心を掴み、自ら勉強する姿勢に(特に受験期)変わっていく姿を見て、大きな成長を感じました。今までご指導ありがとうございました。

  • 続きを読む

市進コールセンターへ
お気軽にご相談ください。

電話受付時間:10:00 - 20:30(月~土)