難しくなる中学英語

来年度、授業・教科書が
ガラリと変わります。

  • 小学生

    • 2020年度から小5・小6では英語が教科化
    • 習得する語彙数は600〜700語程度
    • 基本的な文法事項も習得
  • 中学生

    • 2021年度から中学新学習指導要領を全面実施
    • 教科書も改訂
    • 01

      All English 授業

      英語で質問・発表・やり取りなどが実施されます。

      →相手の話を理解するには「語彙力」が必須に。

    • 02

      対話・表現活動を重視

      英語で「自分自身の考え」や「気持ち」などを伝え合います。

      →普段からの「聞く」 「話す」の練習は欠かせません。

    • 03

      習得語彙数、文法事項学習の増加

      ・語彙数1,200語程度から1,600語〜1,800語程度に増加

      ・仮定法・現在完了進行形の増加(旧教科書では高校で学習)

       →4技能といっても入試の大部分は「読む」 「書く」

英語教育の展望と対策

市進の英語教育

市進では、英語「4技能」を無理なく・無駄なく・バランスよく身に着けさせています。

  • 聞く
  • 話す
  • 読む
  • 書く
  • 01

    聞く・話すの英語力強化

    「聞く」は、リスニング教材 Active、
    「話す」は、英語スピーキング MyETを使って英語力を強化しています。

  • 02

    語彙力の強化

    英語Vテスト(1級〜18級)を毎月実施。入試で必要な2,500語以上の語彙力を身に着けさせています。

  • 03

    新学習指導要領に対応した教材

    必修シリーズ・ホームタスクは、新学習指導要領に対応しています。

  • 04

    身に着けた英語力は国内留学で
    アウトプット

    対話・表現活動・英語のアウトプットは、
    All English 東京都英語村(TGG)国内留学体験で実戦できます。

市進コールセンター

電話受付時間:10:00 - 20:30(月~土)