玉井式 国語的算数教室

算数・国語が好きになる!
9歳までに身につけたい“イメージング力”

教育の世界では「9歳のカベ」という言葉があります。小3・小4のころから、それまでの反復練習中心の勉強から思考力・判断力が求められるようになり、難易度が上がっていきます。このカベを乗り越えるのには9歳までの訓練が効果的であると言われています。

国語的算数教室とは?

アニメーションと連動した専用テキストによる独自プログラム。
「映像を見る」・「文章を読む」指導サイクルで、文章・文字から正しくイメージする力を養います。

ものがたり算数

ものがたり算数が同時進行します。ストーリー形式の映像で、算数の考え方・解答の導き方を学びます。子どもの興味を引く題材を用いて、一気にものがたりの世界に引き込みます。

ものがたりは、ストーリーだけでなく、中に出てくる数字などをしっかりひろっていかなくては、後で取り組む問題にこたえることができません。

かたちの形

図形の展開・立体の切断面などは、アニメーションを見ることでスムーズにイメージができます。

紙面だけでは理解しにくい立方体の展開図も、アニメーションでわかりやすく説明します。

問題の難易度も幅広く設定。興味が持続するよう工夫されています。難しい問題には、ヒントアニメも用意されています。

1~3年生のうちに・・・

文章問題のほか図形、数量に関する問題も、問われていることを正しく把握し、解答までの道筋をイメージできるかが大切です。イメージする力をつけるためにはできるだけ早い学年からトレーニングしておくことが効果的です。

なぜ『9歳まで』なのか

日本の学校教育では言語に関する正式な学習が6歳から始まります。はじめのうちは長い分を読み通すことが難しいのですが、それも段階的に成長し、3年ほどで読み書きの成長が軌道に乗ってきます。この3年間、すなわち9歳までに築いた読み書き能力が、その後の全分野の学習の土台になるのです。

アニメーションの活用

玉井式の特徴は、アニメーションを活用してイメージ力を身につけることです。アニメーションの利点は、子供が興味を持ちやすいことばかりではありません。子どもが集中しやすい、ストーリーがわかりやすい、記憶に残りやすいという、9歳未満の子どもにとって学習に最適なツールです。ぜひ物語体験や図形体験の世界に入りこみ、イメージ力を養いましょう。

国語的算数の世界へ

玉井式では、毎回楽しいストーリーが始まります。さまざまなキャラクターが「ものがたり算数」の世界にご案内。

このページに登場するキャラクターたちのお名前や、どんな性格でどんな行動をするのか・・・?受講してのお楽しみに!

体験授業スケジュール

都県 教室名 学年 日程 時間
千葉 北習志野教室 1回目 受付終了 小1 8/7(月) 16:30~17:20
小2 8/4(金) 16:30~17:20
小3 8/3(木) 16:30~17:20
2回目 小1 8/24(木) 14:10~15:00
小2 8/29(火) 14:40~15:30
小3 8/24(木) 15:20~16:10
千葉 成田教室 1回目 受付終了 小1 8/2(水) 16:20~17:10
小2 8/2(水) 17:30~18:20
2回目 受付終了 小1 8/7(月) 16:20~17:10
小2 8/7(月) 17:30~18:20

お問い合わせ

各種お問い合わせは市進コールセンターへ

0120-80-0877

受付時間:10:00 - 20:30(月~土)

ページの先頭へ

体験会お申し込み

各教室、定員制限がございますのでお早めにお申し込みください。
※ホームページからは各回2日前まで、教室に直接ご連絡の場合は1日前までお申し込みいただけます。

お申し込みはこちら

ページの先頭へ

広告チラシ

イメージムービー『市進SONG』

  • 無料体験授業 受付中
  • 小1~小3 ウイングキッズコース