聞きたいことから各種お申込までお気軽に

0120-80-0877

受付時間]10:00~20:30(月~土)

クレジットカードがご利用になれます。

MENU

聞きたいことから各種お申込までお気軽に

0120-80-0877

[受付時間]10:00~20:30(月~土)

個太郎塾市進オンラインコースはこちらから市進パンセフロンティエルはこちらから

東浦和教室【個別指導】

所在地

〒336-0926
埼玉県さいたま市緑区東浦和5-12-8
ビレッジ浦和2F
アクセスマップはこちら

沿線

JR東浦和駅西口徒歩5分

電話番号

048-875-1700

災害時避難場所

尾間木中学校|〒336-0926 埼玉県さいたま市緑区東浦和4-29-1

  • 東浦和教室
  • 東浦和教室
  • 東浦和教室
  • 東浦和教室
  • 東浦和教室

東浦和教室へのお問い合わせや体験はこちらから

東浦和教室へのお問い合わせや体験のお申込みはこちらから

電話で聞いてみる 電話で聞いてみる

小学生コース 小1~小6 ◆週1回、1教科から指導します! ・中学受験コース、名門高校進学準備コース、弱点克服コース など
中学生コース 中1~中3 ◆週1回、1教科から指導します! ・公立高合格5教科コース、中高一貫生コース、英検対策コース など
高校生コース 高1~高3,既卒 ◆週1回、1教科から指導します! ・志望大学合格コース、定期テスト対策コース、英検対策コース など
小学生コース
小1~小6
◆週1回、1教科から指導します! ・中学受験コース、名門高校進学準備コース、弱点克服コース など
中学生コース
中1~中3
◆週1回、1教科から指導します! ・公立高合格5教科コース、中高一貫生コース、英検対策コース など
高校生コース
高1~高3,既卒
◆週1回、1教科から指導します! ・志望大学合格コース、定期テスト対策コース、英検対策コース など

個太郎塾からのお知らせ

教室スタッフから

一緒に学ぼう

中3生

公立高校と私立高校の過去問を実施。

採点後の点数を見て、少し不安になっている。

一生懸命勉強している。北辰の結果も良い。過去問の結果だって、現時点でクリアしている。

「自分に安心しない姿勢は良いけれど、自分に自信を持つことも大切だよ」とアドバイス。


中3生

レベルの高い数学の問題にチャレンジ。

解答解説を読み込んで、理解できないところを質問する。

「ここまで分かりましたが、ここからが分かりません。」

とても立派な質問の仕方です。





高1生

明日の定期試験の勉強をしている。

数学と英語。

私「あれ、世界史の勉強は大丈夫なの」

生徒「今日の夜にやります。」

私「そうか。前回は先生と一緒にやったから勉強のコツがつかめたかな。」

はにかんだ彼女の笑顔がまぶしい。


高3生英語速読をした後に、大学別の過去問実施。各学校の過去問の手ごたえを的確に私に伝える。

私「ふむ~、それでは○○大学の合格はあなたにとって最低ラインだね。ここが残念な結果だったら先生と一緒にダンスしてユーチューブにアップしよう。」

生徒が笑う。当然、冗談である。

ナーバスになるこの時期。このくらいの冗談は必要かな。






△トップへ

個々に応じた指導の実践

個太郎塾東浦和教室では面接対策も行っています。

教室独自の面接質問集を読み、話す内容を書きこみ、そして練習します。

質問例とその質問をする学校の意図理解し、回答例を読んだ上で自分の回答を回答欄に書き込みます。

その後、私が添削して、口頭で答えられるようにします。


面接は準備が大切です。

しかし、面接は準備した回答を面接官に伝える場ではなく、面接官とのコミュニケーションの場なのです。

いわば学校と生徒とのお見合いです。違いは相手に主導権があるということです。自分はどのような人物か伝え、相手(学校)の魅力を語り、入学したらどんな活躍をするか述べればよいのです。

その際に丁寧な言葉を使い、相手に失礼の内容にふるまうのです。そのマナーは知っておく必要はあります。



個太郎塾東浦和教室はどのようなご要望にも応えるよう努めます。

受験相談・学習相談・進路相談、様々なご相談を承ります。

△トップへ

新中1・新高1 準備講座のご案内

私とボルト選手のタイムです。


私、こう見えて結構速いでしょう(笑)。中学時代、陸上部の主将を務めていました。

今、走ったら…、途中で倒れるでしょう。



以前、HRで生徒に質問したら

1.ひたすら走りこむ

2.走るのが速い人と練習する

3.努力する

4.走り方を練習する

5.頑張る

という答えが返ってきました。



それでがボルトに勝てませんよ(笑)。

もう一度問いを読んでみましょう。「早くゴールするには」ですね。「勝つには」ではありませんね。ここが重要です!



答えを言いましょう。

たとえば100mのタイムを見てみましょう。ボルトは9秒、私は13秒。

ということは、5秒早くボルトよりも早くスタートすれば、私はボルトよりも早くゴールにたどり着きますね。



「騙された!」とか「インチキ!」なんて思わないでください。世界一速い人だから、それぐらいのハンディはもらわないと。



この考え方は、勉強や学習に置き換えると、とても大切なものなのです。



相手よりも早く中1や高1の勉強のスタートを切る、受験勉強を早めにスタートさせる。



中1の1学期の中間試験で残念な結果だったとします。そのときに、点数の良かった友人に「僕は小6の冬から準備していたよ。」と言われたら。

高3から受験勉強をし始めて、入試が終わって、残念な結果だったとします。合格した友人に「僕は高1から一所懸命受験勉強したよ」と言われたら…。

「それは卑怯だ。」と言えますか。言えませんね。

「ひたすら書き込む」「ひたすら努力する」「入試問題を研究する」のもとても大切です。しかし、これだけでは愚直です。



定期試験や入試の勉強は「早さ」と「速さ」が大切なのです。

①勉強する時期を早めるこれは新中1には「中学準備先取り講座」、新高1には「高校準備先取り学習」が最適です。


②勉強の速度を速めるこれは中1にも高1にも映像授業が最適です。

この時代、映像授業を充分に使いこなせた者が学習の成果を上げることができます

率直に言うと、中学校も高校も皆さんが学ぶ普通科の授業カリキュラムは急速急角度のベルトコンベアなのです。

この事実を理解してこの事実に沿った学習をする生徒が学力を上げることができます。

個太郎塾上尾教室では、この事実をもとに、個々に合わせた授業を行っています。



【新中1生 中学準備先取り講座】

冬期講習から2月の約2か月半の間に、数学は正負の数、文字式、英語は1学期に習う英単語を習います。

ご入会いただいた方は3月以降、教科書に準拠したワークを使って再度学習します。

中学校の授業は3回目の授業となり、スムースなスタートを切れます。



「新高1生 高校先取り講座」

入学前までに高1の1学期に習う英数の単元を一通り学ぶことが目標です。

高校の授業の進度は中学の3/2倍、学ぶ量は2倍と考えてください。学習負担は、中学の3倍です。

心して準備しなくてはいけません。



現小6生と、現中3生で単願推薦が決まった方はぜひお問い合わせ下さい。



個太郎塾東浦和教室

電話048-875-1700

△トップへ

地元に貢献する塾を

3月より、個太郎塾東浦和教室の責任者となりました櫻木です。

地域に微力ながらも貢献したいと思います。

 子どもの学力を上げることが第一目標です。

子どもの志望が叶うよう指導していきます。 そして、自分の進んだ道に誇りが持てるよう、子どもの自己肯定感を育みます。 


個太郎塾を選ぶお子様は様々です。 

「更なる応用力をつけたい」 

「基礎を固めたい」 

「勉強に取り組む姿勢をつけたい」 

学習相談では、ご家庭やお子様の希望を伺い、お子様の学習状況に則した指導を提案いたます。

 学習相談には、学校の定期試験の問題用紙、解答用紙、学校のノートやワークをご持参ください。

 他の塾に通っている方でも、通塾を迷っている方でも構いません。

 何かお困りのことがございましたら、ぜひ、個太郎塾東浦和教室にご連絡ください。 親身に対応いたします。

 よろしくお願いします。

 個太郎塾 東浦和教室 電話 048-875-1700 教室責任者 櫻木       

△トップへ

一緒に学びませんか

勉強は自学が基本。


「全てわかりません」ではなく

「ここからが分かりません」と

言って解答解説を持ってくるよう

になると、学力は飛躍します。

先生と一緒に解答解説を読み合わせ

ます。上の写真は左下から右上に、

解答解説を先生と読み合わせた跡が

ありますね。



生徒が「あぁ、そういうことか」と

言ったら、「では、その先はあなた

ならできるはずだから、解答解説を

読まずに解いて見なさい。」と指示

を出します。

「できた」という声がしたら、白紙

渡し

もう一度解きなおしてみなさい」

と言います。



これが勉強の王道です。

①解けるところまで解く

②解答解説を読む

③解く際に気付かなかった点が分かったら、その先は読まず自力で解く

④正解したら再度一から解いて見る


こういう勉強法が身についた生徒は

強くなります。


個別指導は先生が全てを教えること

ではなく

個別に指導することです。


勉強の仕方も教えます。

個太郎塾東浦和教室にお問い合わせ下さい。

△トップへ

第6回北辰テスト結果

5科目(北辰受験者4名)


◎71.4 

○66.4 


 
私立高校の併願推薦の基準に満たし、公立高校をチャレンジすることになりました!! 学校の定期試験が終わり、ここからが勝負だ。


△トップへ

さらなる飛躍を!

80点以上の点数と、前回よりも10点以上点数がアップしたものを掲示しています。

掲示しながら、立派な点数を取ったり点数が大幅にアップした生徒を誇りに思いました。

また一方で、ここに掲示する点数には満たしていないけれど努力している生徒の気持ちも思いながら掲示しました。

生徒の努力が報われるよう、職員一同指導していきます。

△トップへ

楽しく学ぶ英語教室「英語教室レプトン」の魅力~学習コラムその10~

どの言語も「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つの技能が大切です。

その4技能は、能動的な学習によって身に付きます。これは語学だけではなく、どの学習にも共通することです。

個別指導型子ども英語教室「レプトン」は、英語学習を通して、自立学習を促す指導をします。

CDを使ってネイティブの発音を聴き、練習し、その成果をインストラクターに発表する。インストラクターに認められたら、次の単元をまた自ら学ぶ。

このサイクルが出来上がると、学習効果は飛躍的に高まります。


テキストは81段階あり、子どもの力にあったレベルからスタートできます。

実は、ここに掲載した写真に写っている子どもは、私の息子です。

小5のときにレプトンの入門(DOG)から始め、小学校卒業時には中級(AIRPLANE)まで31冊やりあげました。

親としてうれしかったことが2つあります。

一つ目は、「英語が好きだ」と彼が言うようになったことです。

二つ目は、小6になると、私の助け(指導)はいらないと言い、自分でCDを動かし、聞いたり、読んだり、発音したり、書いたりとするようになったことです。

英語が好きになり学習の習慣がついたことが、大きな収穫でした。


「算数や国語を塾で勉強するには、まだハードルが高い」と思っているお子様がいらっしゃったら、ぜひお問い合わせください。

△トップへ

受験の先を見据えて

今春卒業した高3生です。

中学生から個太郎塾に週2回通い、青山学院文学部に進学しました。

10月ごろ指定校推薦が内定し、正式には12月に合格しました。

彼女は指定校推薦合格後も、冬期講習会を受講し、通常授業は今年の2月まで週2で通い続けました。

合格はゴールではなく、次のステージのスタートと考えてのことです。


「文系だから数学はいらない」とはなりません。

今後さらに英語力が重要になることは、周知されています。

現代の社会では、「理系的思考力」も必要とされているのです。


それは受験科目をご覧になるとわかります。

国公立大学は共通テストで数ⅠA・数ⅡBが受験科目となっています。

私大文系でも、早稲田の政経学部は数学が必修科目となっています。

その他の大学も数学が受験科目に入っており、選択できます。

文系学部の経営や経済を学ぶにも、公務員試験や資格試験にも数学の素養が必要です。

大学入学試験や公務員試験や資格試験で「数学」を課すことを踏まえても、現代社会で「理系的思考力」が必要とされていることが分かるかと思います。



合格したときの本人の喜びは担当の喜びでもあります。

生徒が喜べる結果になるよう、精一杯指導して参ります。


*このコーナーは毎週土曜日に更新します。

△トップへ

入試は、人生の次のステージへのスタートです。

「人生の転機に試験あり」

中学入試、高校入試、大学入試、そして資格試験や就職・・・。

その入試で良い結果を出すために、塾や予備校に通います。

入試で合格することは進学塾としての絶対的な使命ですが、入試で合格することのみを目標にしてしまうと、「入試=ゴール」だと思ってしまい、その後、うまくいかなくなってしまうこともしばしばあります。

たとえば高校入試を見てみましょう。

こちらは2021年度の県内公立進学校の入試データです。

          *(育伸社データ)県内公立高校(W高)受験者111名 

数学に関しては89点で合格した生徒もいれば、35点で合格した生徒もいるということです。

英語に関しては83点で合格した生徒もいれば、40点で合格した生徒もいるのです。

入学時点での学力差は、最上位と最下位で、数学で2.5倍、英語で2倍の差があるのです。

高校入学後、生徒たちは大きな学力差をついた状態で速い進度のカリキュラムをこなすことになります。

その差を埋めるのは至難の業です。

では、どうすれば、差をつけられている生徒が速いカリキュラムについていけるようになるのでしょうか。

個太郎塾上尾教室では、現役高校生に特化し、単元ごとに細分化された定期試験対策コンテンツ「ベーシックウイング」で学校の予習をし、講習会のときに講師1人で生徒2名までの対面指導で弱点を許可するという指導を行っています。


【東浦和教室と上尾教室の高1の1学期定期試験の数学の成績】

60点以上 92%

70点以上 75%

80点以上 34%

90点以上 25%  *私は現在両教室の責任者をしています。


7月から8月は、定期試験でできなかったところを個別指導で強化しています。

入試で合格することと、入学後の勉強を視野に入れて指導しています。

怪我したり病気になったりしたら病院に通い、健康維持と向上ではフィットネスに通います。

分からないところが多くなり成績が伸び悩んで塾に通う生徒もいれば、学力維持と向上を目的として塾に通う生徒もいます。

東浦和教室は、生徒の学習における病院とフィットネスを目指しています。

△トップへ

受験勉強の中で社会で問われる力を養う~速読解~

このコラムをお読みになった後で、お子さまと書店で入試問題をご覧になってください。

現在、入試でどのような力が問われているのかが分かります。

入試で問われている力は、お子さまが社会に出てから問われる力に通じます。


私が学生のころの高校入試の問題と、現在の高校入試の問題を比較してみましょう。

こちらの画像の文章は読めなくて構いません。

読む量を比較してください。

試験の時間は30年前も今も50分間です。

しかし、読む量は30年前が約5000字であったのが、今は11000字です。

30年前と比べると、読む文字数が2倍以上になっているのです。

これは速く読める力だけを現代社会が求めてるのではなく、その力を含めた「高い処理能力」を求めていると考えられます。


身近な例を挙げましょう。

私が入社したのは、今から約25年前です。

そのころの多くの会社は、社内で指示を受けるのも報告書を提出するのも「郵送」がメインでした。

それが、現在では、出勤すると会社の各部署からの指示や連絡などのメールが何十通もあるということが普通になっています。


情報化社会と言われ、処理能力が低いと大量の情報の中におぼれてしまいます。

処理能力が高いと、当然学習効果も高まります。


その処理能力を高め、語彙力をつけるコンテンツが「速読解講座」です。

速読解講座は

速く正確に読み解く力を鍛える

処理能力を高める

集中力を養う

④多読を通じて読む楽しさを知る(小学生)

受験に向けた読解力を鍛える(中・高生)

の5点が特長です。


「英語速読講座」もあります。

読解力とリスニング力をつけるにはとても良い講座です。


随時体験を募集しています。

ご興味がございましたら、お問い合わせください。

△トップへ

小・中・高生の皆さんへ

楽しく勉強しようよ

小学生のみなさんへ。

算数は楽しいですか。国語は楽しいですか。


「むずかしい」と感じたら、それは成長の第一歩だよ。

「むずかしい」と感じることは、うれしいことなんだ。


世の中にあるものが、全て「かんたんなもの」ばかりなら、それはなんてつまらない世界なのだろう。

あきてしまうよ。そんな世界は。


「むずかしい」ことが、何度も何度もしっぱいすることによって、「できるようになった」というよろこびは、本当はみなさんはけいけんしているんだ。


赤ちゃんのころ、二本足でたったときは、うれしかったはず。

新しい言葉をおぼえたときはうれしくて、周りの人に使ってみたくなったはず。

それをおぼえていなければ、自転車に乗れるようになったときに、ほこらしい気持ちになったことはおぼえているんじゃないかな。


個太郎塾では、算数や国語などで、そういったうれしい気持ち、ほこらしい気持ちをみなさんにもってもらいたいと思っています。


1週間40分からも通えます。

ぜひ、個太郎塾で勉強しましょう。

待っています(^^)/



~定期試験対策~

中学生の皆さんへ定期試験対策って何でしょう?


「過去問を見る」とか、「予想問題を解く」ということを思い浮かべる人が多いと思います。


似た問題を解いて演習することも大切です。

個太郎塾の通常授業は、学校の教科書に沿ったワーク(必修テキスト)を使用します。

通常の授業が学校の定期試験対策になっています。

学習の習慣がついて、「対策」が有効になります。

これは高校生でも変わりません。


学校の授業中、集中していますか?

学校のワークに取り組んでいますか?

学校のワークに答えを書き写して満足していませんか?

授業用と宿題用のノートは分けていますか?


定期試験対策の根幹は「学校の授業」と「学校のプリントやワーク」です。

これをしっかりやることが対策の第1歩です。

家で勉強をしづらければ、授業がなくても個太郎塾に学校の教科書やワークを持ってきて勉強しましょう。


「言われたからやる」よりも「言われなくてもやる」方が、何倍も効果があります。


ぜひ、個太郎塾東浦和教室に来てください。

お待ちしています。

大学入試を見据えて

高校生の皆さんへ一生を一日に例えると、皆さんは何時でしょうか。


15歳の高校1年生なら午前5時です。

18歳であれば午前6時です。


ということは、高校生は人生において夢の中での出来事と同じです。

夢の中で「俺は可能性がない」とか「実力がない」なんてぼやいていたら、それは悪夢です。

夢の中なんだから「可能性がない」とあきらめず、がむしゃらになればよいのです。

実際の夢との違いは、やればやるだけ、経験値があがることです。


学校の授業についていけないのなら、映像授業をつかって、ガンガン予習をしましょう。

学校で数学を1週間で6時間学んだとします。

その6時間の授業の内容がちんぷんかんぷんで、週1回80分の個別指導だけで補うのは難しいことです。

映像授業で学校の授業の予習をして、学校の授業がある程度分かる状態にして、そこで欠けた部分を個別指導で補うのです。


「部活が忙しくて塾に通えない」と考えている人は、本気で大学に入学したいなら、勉強の優先順位を上げましょう。


個太郎塾東浦和教室は全力であなたをサポートします。

△トップへ

個太郎塾5つの特長
△トップへ

イベント・講習のお知らせ

小6生(新中1生) 記述模試
新中1スタートテスト

実施日 2月1日(火)

会場 個太郎塾東浦和教室

時間 18¦00~19¦15

*別の日程でも実施可能です。

△トップへ
中1・中2 記述模試
中1・中2 高校受験スタート模試

実施日 2月1日(火)

場所 個太郎塾東浦和教室

時間 18¦00~21¦40

*理→社→国→数→英の順で実施します

*別日程での実施も可

*科目ごとに実施日を分けることも可

△トップへ
高1・高2(新高2・新高3) 記述模試
全国高校共通テスト

実施日 2月12日(土)

会場  個太郎塾東浦和教室

時間  

①高1 

 数学17:00~18:10

 英語18:25~19:45

 国語20:00~21:20

②高2  

 数学16:50~18:10

 英語18:25~19:45

 国語20:00~21:20


*別日程で受験可能

*科目の順番を変えることも可能

→高2私大専願

 英語18:25~19:45

△トップへ
小学生
図形の極

「図形の極」では、立体アニメーション映像を見ることで、

頭の中でイメージしながら複雑な図形問題を解くことができます。


テキストは1~10級に分かれており、小学校低学年のお子様でも無理なく学習を進められます。

△トップへ
小学生の皆さま
公立中高一貫校対策コース

公立中高一貫校受検をお考えの皆さま

公立中高一貫校の検査問題を突破するには

 ・読み取る能力

 ・論理的に考える能力

 ・相手に伝える能力

が必要です。練習なくして合格なし。

まずは、適性検査タイプ模試を受けてみましょう。

お問い合わせはお電話で。

△トップへ
小6生(新中1生)
記述模試
新中1スタートテスト

実施日 2月1日(火)

会場 個太郎塾東浦和教室

時間 18¦00~19¦15

*別の日程でも実施可能です。

△トップへ
中1・中2
記述模試
中1・中2 高校受験スタート模試

実施日 2月1日(火)

場所 個太郎塾東浦和教室

時間 18¦00~21¦40

*理→社→国→数→英の順で実施します

*別日程での実施も可

*科目ごとに実施日を分けることも可

△トップへ
高1・高2(新高2・新高3)
記述模試
全国高校共通テスト

実施日 2月12日(土)

会場  個太郎塾東浦和教室

時間  

①高1 

 数学17:00~18:10

 英語18:25~19:45

 国語20:00~21:20

②高2  

 数学16:50~18:10

 英語18:25~19:45

 国語20:00~21:20


*別日程で受験可能

*科目の順番を変えることも可能

→高2私大専願

 英語18:25~19:45

△トップへ
小学生
図形の極

「図形の極」では、立体アニメーション映像を見ることで、

頭の中でイメージしながら複雑な図形問題を解くことができます。


テキストは1~10級に分かれており、小学校低学年のお子様でも無理なく学習を進められます。

△トップへ
小学生の皆さま
公立中高一貫校対策コース

公立中高一貫校受検をお考えの皆さま

公立中高一貫校の検査問題を突破するには

 ・読み取る能力

 ・論理的に考える能力

 ・相手に伝える能力

が必要です。練習なくして合格なし。

まずは、適性検査タイプ模試を受けてみましょう。

お問い合わせはお電話で。

△トップへ

アクセスマップ

所在地

〒336-0926
埼玉県さいたま市緑区東浦和5-12-8
ビレッジ浦和2F

沿線

JR東浦和駅西口徒歩5分

電話番号

048-875-1700

災害時避難場所

尾間木中学校|〒336-0926 埼玉県さいたま市緑区東浦和4-29-1

東浦和教室へのお問い合わせや体験はこちらから

電話で聞いてみる 電話で聞いてみる



ページの先頭へ