大学入学共通テスト対策入門講座

現高2生が最初の受験生となる「大学入学共通テスト」では、今までのセンター試験とは試験内容が大きく変わることが試行調査からわかっています。
「大学入学共通テスト対策入門講座」では、試行調査問題を題材として、大学入学共通テストで前提となる知識・技能とそれを応用する思考力・判断力がどんなものかを解釈し、これからどのように学習していけばよいかの指針を示します。

夏講でこれをやろう
英語 English


試行調査から分かる英語の出題の特徴

発音・アクセント・文法問題などは出題されず、全て読解問題

必要な情報を的確に見つける情報検索問題、英文と図表・グラフを絡めた問題、事実と意見を区別する 問題などが出題

講座コード:DNE1
大学入学共通テスト対策入門
英語(筆記[リーディング])
夏講でこれをやろう
対象 大学入学共通テストの英語でどんな出題がされ、
どう学習していけばよいか知りたい生徒。
講師 丸山大地 授業時間・回数 90分×4回 予習
大学入学共通テストの試行調査では、主に「読む力」を把握する問題が出題されています。また、記述式の問題はありませんが、「表現力」を間接的に問う設問が見られます。本講座では、試行調査の問題を題材に、大学入学共通テストで必要な能力とそれを身に付けるためにどう学習していけばよいか解説します。
第1回 情報処理能力が問われる問題 第3回 資料の読解問題
第2回 思考力、判断力が問われる問題 第4回 説明的な文章の読解問題


数学 Math


試行調査から分かる数学の出題の特徴

記述式問題が出題

日常的な事象を数学的に捉える問題、会話を通じて問題の発見・解決の過程をたどる問題などが出題

講座コード:DNM1
大学入学共通テスト対策入門
数学I・数学A
夏講でこれをやろう
対象 大学入学共通テストの数学I・Aでどんな出題がされ、
どう学習していけばよいか知りたい生徒。
講師 城能博 授業時間・回数 90分×4回 予習 不要
大学入学共通テストの試行調査を見ると、出題形式こそ異なっているものの、必要とされる定理・公式などの基本事項は変わることはありません。ただし、定理・公式を学習する際に、今まで以上に「どう導くか」「どのように活用できるか」を考えて学習する必要があり、本講座ではその学習の仕方を解説します。
第1回 数と式・2次関数 第3回 整数の性質
第2回 データの分析・場合の数と確率 第4回 図形と計量・図形の性質

ページの先頭へ

お問い合わせ

市進コールセンター

0120-80-0877

受付時間:10:00 - 20:30(月~土)

無料体験授業受付中