聞きたいことから各種お申込までお気軽に

0120-80-0877

受付時間]10:00~20:30(月~土)

クレジットカードがご利用になれます。

MENU

聞きたいことから各種お申込までお気軽に

0120-80-0877

[受付時間]10:00~20:30(月~土)

個太郎塾

藤が丘教室【個別指導】

所在地

〒227-0043
横浜市青葉区藤が丘2-13-3
谷本ビル
アクセスマップはこちら

沿線

東急田園都市線藤が丘駅南口徒歩4分

電話番号

045-532-5936

FAX番号

045-532-5937

  • 藤が丘教室
  • 藤が丘教室
  • 藤が丘教室
  • 藤が丘教室
  • 藤が丘教室

藤が丘教室へのお問い合わせや体験はこちらから

電話で聞いてみる 電話で聞いてみる

個太郎塾からのお知らせ

合格者の声

英語検定対策講座

☆ 小学生のみなさんへ ☆

英単語108選

論理エンジンキッズ

☆ 中学生のみなさんへ ☆

中学5科総合コース

内申&偏差値一覧

☆ 高校生のみなさんへ ☆

学研プライムゼミ

東大合格者からのメッセージ

教室スタッフから

教室授業を再開します

                       教室授業 再開!

国の緊急事態宣言を受け4月8日以降教室での授業を休止(休校)致しておりましたが、

この度同宣言が解除されたことから

                   6月8日(月)より教室での授業を再開致します。

さあ、6月が本当のスタートです。

「失われた学習時間を取り戻せ!」を合言葉に一緒に頑張りましょう!

なお、再開後の教室授業は「3密」を避けるため1ブースに生徒1人の配置で行い、

講師・生徒ともマスク着用・手洗い励行を義務付け設備の消毒を徹底致します。

また、教室入室時には全員体温測定を行い、37度をこす場合にはご帰宅願う

措置を取ります。

さらに、教室の換気を徹底致します。

なお、「オンライン1:1個別指導」も引き続き継続致します。

こちらをご希望の方は是非ご相談ください。


△トップへ

藤が丘教室 これまでの合格実績(概要)

大学入試

首都大東京 東京海洋大 明治大 青山学院大 

法政大 北里大 國學院大 東洋大 明治学院大 

日大 東京薬科大 東京農大 駒沢大 武蔵大 

東海大 産能大 皇學館大 拓殖大 駒沢女子大 

昭和女子大 女子美大 ほか


高校入試

大和高 市が尾高 元石川高 荏田高 霧が丘高

弥栄高 神奈川総合産業高 都立国際高 

明大中野八王子高 日大藤沢高 駒澤大高 

早稲田佐賀高 横浜創英高 二松学舎大付属高 

駒場学園高 日体大荏原高 朋友学院高 

日工大駒場高 正則高 神奈川商科大付属高 

駒沢学園女子高 下北沢成徳高 武相高 ほか


中学入試

攻玉社 山脇学園 日大三中 セシリア 

相模女子大付属 目黒成美 トキワ松 ほか     

△トップへ

藤が丘教室で「無限の能力」を開花させよう!
 
 個太郎塾藤が丘教室は、おかげさまで開校満10歳を迎えました。これも藤が丘の皆様の温かいご声援があってのことでございます。皆様のご声援にシッカリとお応えできますよう、スタッフ一同、日々、初心を忘れず熱い思いでお子様の学力アップに取り組んでおります。
さて、私たちの教室のモットーは、「質問し易い明るい授業」「自信が湧いてくる力強い授業」です。授業中の質疑応答で、今まで分からなかったことが「分かる」ようになります。そして、分かったことを繰り返し「やってみる」ことで、独りで解ける「自信」がつきます。自信がつけば、更に新たなチャレンジをする「勇気」が湧いてきます。こうなれば、学力は、どんどん向上していきます。
 生徒の皆さんは、実は「無限の可能性」とそれを実現するための「無限の能力」をもっています。自分のもっている素晴らしい能力に「気づき」ましょう。気づいたら、「正しい方法で勉強する」ことでその素晴らしい能力を開花させましょう。個太郎塾藤が丘教室が全面的にバックアップ致します。
 
                                                                   教室長 門馬良文
△トップへ

頼れる講師陣

頼れる講師陣

藤が丘教室の講師は粒ぞろい。小学生・中学生の補習から、中学受験・高校受験・大学受験まであらゆるニーズに対応できる指導体制を整えております。

〇安心の女性プロ講師陣(2名)
・T講師
 小学生~高校生(英・国・古典)
・Y講師
 小中生(数・英) 高校生(英)

〇実力の若手講師陣(11名) 

*東京医科歯科大 大学院2年(女性)

*横浜国大 大学院1年(男性)

*東工大 大学院1年(男性)

・一橋大4年(女性) 

首都大学東京3年(男性) 

*東工大3年(男性)
  
・北里大3年(男性)
 

東京歯科大3年(男性)

東京外語大1年(女性)

・法政大1年(女性)

*東工大1年(男性)

 

*印の付いている講師は数Ⅲ受験 まで指導する講師です。


△トップへ

小学生40分授業

塾に通わせたいけれど80分授業は一寸長くて抵抗がある。

学校以外でも勉強する習慣をつけさせたい。

まだ低学年でそれほど大げさに塾で勉強させなくてもよい が、最近学校の授業が少しわからなくなってきている。なんとかしたい。

こんな ことをお考えの保護者様には、小学生向け40分授業がピッタリです。

補習目的の通塾ならば、
小学校3年生までは40分授業で十分です。

小学4年生以上は、お子様の学習状況と通塾目的によって、40分授業が合う場合と80分授業が合う場合があります。是非ご相談ください。

例えば、週1回80分授業で算数を勉強していた小学4年生。どうしても授業後半になると集中力が低下するという問題がありました。そこで、保護者様と相談の上、40分授業を週2回実施する形に変更しましたところ、毎回集中力も十分で学校のテストの成績もドンドンよくなったという事例もあります。

初めて通塾される場合は、まずは40分授業から始めて、その後の状況により80分授業に切り替えるという方法もあります。

個太郎塾の40分授業は、小学生にとって通いやすい授業です。

是非ご相談ください。
△トップへ

無理せず必勝! 中学受験
無理せず必勝! 中学受験

 
藤が丘教室のモットーは「無理せず必勝! 中学受験」 です。
決して、勉強せずに合格という意味ではありません。目標とする中学に「合格するために必要なことに絞って効率的な受験勉強をしよう!」ということです。

では、「必要なこと」とは何でしょう? それは「基本+志望校が要求しているレベルの応用」です。 

確かに中学受験では小学校で教えていないことが問題に出ます。 従って、多くの塾の受験指導では発展問題中心・難問チャレンジ中心の授業になりがちです。結果として、志望校を受験するのに必ずしも必要ではないレベルの問題に振り回されてしまうことにもなりかねません。勿論、そのような指導法の下で学力がドンドン上がっている小学生は、そこでシッカリ勉強することがベストです。しかし、伸び悩んでいるお子さんはどうしたらよいのでしょう?
 
原因はハッキリしています。基本が疎かになっている。」「基本が弱いので応用が効かない。」という「砂上の楼閣」型になっているからです。
 
解決法は1です。分からなくなったら常に基本 に立ち返ること!」です。

藤が丘教室では、 常に基本を出発点にして応用を展開します。そして、常に志望校が要求する応用レベルを意識した指導を行います。これによって、お子様を「不必要な空回りばかりの受験勉強」から解放し、「無理せず必勝!」の受験勉強をしてもらいます。

 

△トップへ

英数重視で着実に成績をゲット!

中1生の皆様

 入学式以降ずっと休校。中学生らしい気分に中々なれなかったのではないかと思います。

でも、6月からいよいよ学校授業が始まります。張り切って学校に行きましょう!

学校が始まったら先ずは早く学校生活に慣れることでです。

そして、一日も早く日々の学習を軌道に乗せることが大事です。

 そのためには学習と部活をうまく両立させることがポイントです。

「①学校の授業→②部活→③塾での勉強→④自宅学習」というサイクルの定着が大事です。

中1で学習することは
、これから先勉強することの「キホンのキ」「1丁目1番地」です。基本をあやふやな状態にしておきますと、この先必ず行き詰ります。その日に習ったことはその日のうちにシッカリ身につけましょう!

特に、英語と数学は「積み上げの教科」です。ある単元で躓きますと、その後の単元が「ワカラナイ!」になってしまいます。
また、不思議と英数の成績が上がりますと他の教科の成績も良くなってきます。 

先ずは、学校で習っている英語・数学です。個太郎塾でシッカリ補習し成績を上げましょう!

学習の進んでいるお子様については、先取り学習をドンドン進め、定期試験前に試験範囲の復習・強化を行います。

一寸勉強が苦手というお子様 の場合は、躓いている単元に戻って繰り返し復習しながら学校の進度に追いついていきます。

私どもは、お子様の現在の学習状況を出発点にして、分かりやすく、楽しい、親切・丁寧は指導を行っております。

△トップへ

2か月の遅れを取り戻そう!

さあ、6月から学校再開!

この2か月間の遅れをハリキッテ取り戻そう!

中2生になると、部活の責任も重くなるし、生徒会やら運動会の準備やらで色々忙しくなります。あれやこれや色々大変です。そのため、どうしても勉強は二の次になりやすい「まあ、3年になってから頑張ればいいや。」などと考えてしまいがちです。


でも、もしそのように考えているとしたら「危険信号」です。


実は、
中2は「戦国時代」なのです。今まで勉強ができた生徒が段々成績を落としてしまったり、逆に、今まで勉強が苦手だった生徒がいつの間にか成績を上げてきたり、・・・。中2は「力あるものがのし上がる下剋上の戦国時代」なのです。 

残念なことに、多くの中2生諸君はその厳しい現実を見ていない。自分が戦場に立っていることに気づいていない。こんな危険なことはありません。

先ず、
厳しい現実を直視しましょう。そして「負けない勉強」をしましょう。

中2でも、英数が柱
です。先ずは英数をシッカリしたものにしましょう。そして、できればこれに1科目(国語・理科 ・社会のうち苦手感のあるもの)を加えて頑張りたいところです。
 
なぜなら、中2の最終評定は県立高校の内申点になるからです。中2は受験準備期間と考えるべきです。

受験勉強は「やったもん勝ち!」「早いもん勝ち!」です。早速本格的に始めましょう!


藤が丘教室は、英語・数学だけでなく国語・理科・社会の実力派講師も揃えておりますし、まったく新しい自立型個別指導MANAの利用も効果的です。

進路相談も含め是非私どもの教室へお立ち寄りください。 
 

△トップへ

必ず合格させる!


中3生諸君!

学校休校の間、自宅でどれだけ頑張れましたか?

頑張った人はこれからも気を緩めないで入試まで突っ走ろう!

頑張れなかった人は、6月~8月が正念場。シッカリ遅れを取り戻そう!

個太郎塾は皆さんを必ず合格させる

目標を決めるという意味で、志望校はなるべく早く決めた方が良い!

志望校を決めたら、自分の力を信じて一生懸命勉強!

でも、「一生懸命」だけで大丈夫ですか?

県立高校を受験する場合、5教科あります。英数を大黒柱にしながら、ほかの3教科もバランスよく学力を上げていく必要があります。
また、神奈川県の場合、3年生の評定は2倍カウントで内申に反映されます。したがって、3年の通信簿の成績を上げることも、大事な入試対策になります。 

その意味で、神奈川県の中3生は、定期試験対策・日常の小テスト対策・提出課題対策、そして入試(学力テスト)対策と、幅広く目配りをしながら効率よく学習を進める必要があります。

定期試験では内申点を1ポイントでも多く上げましょう!
そして、定期試験対策と併行して入学試験対策です。時間は決して十分ではありませんが、焦らず、シッカリ地に足をつけた学習をしていきましょう!

私ども藤が丘教室は、各生徒の学力状況に対応しながら 内申対策と入試対策を併行して推進しております。私どもは、単に勉強を教えるだけではなく、入試合格という目標を達成させるためのコーチとして皆様をバックアップします。

 必ず合格させる!

一緒に頑張ろう!

△トップへ

自立型個別指導MANA
自立型個別指導MANA

公立中学生向けのまったく新しい学習スタイルです。コーチ役の講師の指導の下で、 「映像視聴による単元の理解→確認テストによる理解の深掘り→宿題による定着→前回単元確認テストによる定着確認」というサイクルで学習をすすめていきます。各ステップ毎に講師のチェック&アドバイスが入ることにより、学習内容の理解・定着のみならず、「自分で進んで学習する」自立学習スタイルを身に着けてもらいます。

学習内容は、地元公立中学校が使用している教科書に準拠した内容ですので、これをしっかり習得すれば定期試験対策はバッチリです。

△トップへ

高2はもう受験生

高2はもう受験生!

高1はその準備!

高校の3年間は中学の3年間に比べとても短く感じられます。なぜでしょう?

理由は極めて簡単です。
受験を意識した勉強を始めなければならない時期が中学に比べ圧倒的に早いからです。 高2の段階で、文系・理系に分かれます。いやでも大学受験を意識せざるを得ません。

文系・理系共通の受験科目である英語を材料に説明しましょう。
高校英語は2年生修了時点で基本勉強(文法・単語・熟語)を終えておくことが肝心です。これができていれば、3年生では入試で配点の高い長文読解に重点を置いた実戦演習が可能になります。また余力を他の受験科目に廻すことができ、受験科目全体の学力を効果的に上げることができます。一方、英語の基本習得が遅れてしまうと、いつまでたっても実践演習ができず、また、他の科目の勉強時間も不足する結果となり、上手く学力を伸ばすことができなくなります。
よく
「大学受験は英語で決まる!」と言われますが、それは、配点が大きいことに加え以上のような理由があるのです。  
1年生・2年生でどれだけ英語力をつけられるかが、大学受験成功の最初のカギとなります。

理系受験生
はどうでしょうか? 英語のほかに当然のことながら数学が重要です。特に、医学部や理工系の学部を志望する場合は、多くの場合数Ⅲまで必要となります。1年生の段階から計画的に学習を進め、やはり2年生修了時点で一通り学習が終わっていることが理想です。少なくとも、数ⅡBまではシッカリ固めておく必要があります。3年生では、数学の実戦演習と物理・化学等の理科科目に注力することになります。
もっとも、生物系の学部を目指す場合、数ⅡBまででOKのケースが一般的です。この場合、生物の得点力が合否の分かれ目になることが多いようです。生物系の学部を目指す受験生は往々にして「生物フリーク」のような生徒が多く合格点がかなり高めになる傾向があります。2年生のうちに生物基礎はシッカリ習得するようにしましょう。

いかがでしょうか? このような現実を考えると、
高2生は名実ともに受験生なのです。そして、高1はそこに至る助走期間となります。

私ども
藤が丘教室は英語・数学を中心に本格的な受験指導を行い志望大学に合格させるシッカリした体制を整えております。

また、藤が丘教室では「速読英語」の授業も実施しております。単語・熟語力を増しながら長文読解能力とリーディング能力を無理なく効果的に高めるシステムです。高1・高2生には是非受講していただきたい。1~2年後には各段に大きな力を身に着けることになります。

 
実力派若手講師による手取り足取りの個別指導に、分かりやすいと評判の映像授業(ウイングネット・ベーシックウイング)や「速読英語」を組み合わせることでの受験体制を提供致しております。



 

△トップへ

高3生は決戦の年

高3生は決戦の年

もう言うまでもないですね。
今年は決戦本番です。
受験勉強のスタートが遅れたキミ、
集団塾で勉強してきたが偏差値が
なかなか上がらないキミ、
どうしても苦手科目が克服できないキミ、
悩む必要はない! 
一刻もはやく個太郎に来なさい。
具体的な状況を聴いて、キミのための
ベストプランを提案します。
1分1秒たりとも無駄にはできません。
効果的な学習、効率的な学習、何よりも
「勝つための学習」を実践しなくては!
「徹底めんどうみ合格主義」で支えます。
まずは、キミの悩みを話しに来てください。
合格への道筋が見えてくるはずです。
















△トップへ

高卒生の皆様

今春の受験は思うような結果が出せ
なかったキミ、
勉強の立て直しは済みましたか?
去年と同じような勉強をしていても
効果はでません。
弱かったところを見直し、新たに
どのように学習を進めていくのか、
慎重に見直す必要があります。
そうはいっても、なかなか「自分」
は見えないもの。
個太郎塾がアドバイスします。
気づかなかった「学習の弱点」が
明確になる筈です。
それが分かったら、有効な対策を
たてましょう。
対策をたてたら実行しましょう。
必ず、来春は希望が叶います。


















△トップへ

高校生の受講モデルケース
以下にお示し致しますケースは、藤が丘教室で大学受験準備をする場合のモデルケースです。
これ以外にも、生徒一人ひとりの学習状況に合せた最適のプログラムを作成しご提供申し上げます。 是非ご相談ください
。 

 
私大文系ケース1

高1 英語(個別指導)
高2 英語・国語(個別指導)
高3 英語・国語(個別指導)   
       +地歴公民(ウイングネット)


私大文系ケース2

高1 英語(個別指導)
高2 英語(個別指導) 
       +国語(ベーシックウイング)
高3 英語(個別指導)
       +地歴公民・国語(ウイングネット) 

私大理系ケース1

高1 英語・数学(個別指導)
高2 英語・数学(個別指導)
高3 英語・数学・物理or化学(個別指導)

私大理系ケース2

高1  英語・数学(個別指導)
高2  英語・数学(個別指導)
         +生物(ベーシックウイング)
高3  英語・数学(個別指導)
         +生物(ウイングネット)
 
私大理系ケース3 

高1 英語(個別指導)
高2 英語・数学(個別指導)
高3 英語・数学(個別授業) 
   +物理or化学or生物(ウイングネット)

国公立大文系ケース1

高1 英語・数学(個別指導)
高2 英語・数学・国語(個別指導)
         +地歴公民(ウイングネット)
高3 英語・数学・国語(個別指導)
      +地歴公民(ウイングネット)
          +理科(ベーシックウイング)

国公立大文系ケース2

高1 英語・数学(個別指導)
高2 英語・数学(個別指導)
       +国語(ベーシックウイング)
        +地歴公民(ウイングネット)
高3 英語・数学(個別指導)
    +国語・地歴公民(ウイングネット)
        +理科(ベーシックウイング)

国公立大理系ケース1

高1 英語・数学(個別指導)
高2 英語・数学(個別指導)
       +物理・化学( ウイングネット)
高3 英語・数学(個別指導)
   +物理・化学(ウイングネット)
   +地歴公民・国語(ベーシックウイング)
 
国公立大理系ケース2

高1 英語・数学(個別指導)
高2 英語・数学・物理(個別指導)
高3 英語・数学・物理(個別指導)
   +化学(ウイングネット)
   +地歴公民・国語(ベーシックウイング) 
 
   
△トップへ

イベント・講習のお知らせ

中学生 高校生
速読英語で英語力がメキメキ向上!

速読英語で英語力がメキメキ向上!

くの中学生・高校生は
英語長文読解で悩んでいます。

初見の英文を見ると読めるか
どうかドキドキしてしまう。

単語力不足で何が書いてあるか
読み取れない。

読むのに時間がかかり問題を
考える時間が足りない。

一番の対策は、時間を意識しながら
できるだけ多くの英文を読むこと、
即ち、速読&多読です。

当教室で提供している速読英語は
まさにこのニーズにピッタリ。

苦労せずに長文読解能力が向上
します。

是非、ご相談ください。

△トップへ
中学生 高校生
速読英語で英語力がメキメキ向上!

速読英語で英語力がメキメキ向上!

くの中学生・高校生は
英語長文読解で悩んでいます。

初見の英文を見ると読めるか
どうかドキドキしてしまう。

単語力不足で何が書いてあるか
読み取れない。

読むのに時間がかかり問題を
考える時間が足りない。

一番の対策は、時間を意識しながら
できるだけ多くの英文を読むこと、
即ち、速読&多読です。

当教室で提供している速読英語は
まさにこのニーズにピッタリ。

苦労せずに長文読解能力が向上
します。

是非、ご相談ください。

△トップへ

アクセスマップ

所在地

〒227-0043
横浜市青葉区藤が丘2-13-3
谷本ビル

沿線

東急田園都市線藤が丘駅南口徒歩4分

電話番号

045-532-5936

藤が丘教室へのお問い合わせや体験はこちらから

電話で聞いてみる 電話で聞いてみる



ページの先頭へ